ジャンプする度、お世話になった人の顔が浮かんできた 浅田真央、五輪感動演技の「秘話」明かす

印刷

   ソチ五輪フィギュアスケート女子のフリーで自己ベストを更新し、その後の世界選手権ではショートプログラム(SP)世界歴代最高得点を獲得して優勝という快挙を成し遂げた浅田真央選手(23)は、世界中の人に感動をもたらした。

   そんな浅田選手が姉の舞さん(25)と一緒に、2014年4月14日放送のNHK「おはよう日本」に生出演、ソチの裏話や現在の心境を語った。

「このジャンプは舞のために飛ぼう」

浅田真央選手(14年2月撮影)
浅田真央選手(14年2月撮影)

   番組では、ジャンプの失敗などで16位と出遅れたソチのSPのVTRを放映した。改めて自分の演技を見た真央さんは、「取り返しの付かない失敗をしてしまったなという気持ち」と悔しさをにじませた。SPの演技は自分ではあまり見返さないそうだ。

   SPの後には、日本にいた舞さんが喝を入れるために連絡をした。「(真央さんの)表情が今まで見たことないような表情だったので、大丈夫だよって言葉だけではダメだなと思って、気持ちを切り替えてやるしかないんだよ、と叱った」と、姉ならではの思いを明かした。真央さんも、「(舞さんと)話しながら気持ちが落ち着いてきたのでよかった。自分の思いも伝えられて、気持ちが整理できた」と話し、舞さんと話したことで救われた面があったようだ。

   フリーで最初のジャンプが決まった瞬間の気持ちを聞かれると、「よしっ!」と思った、と笑った。難しいジャンプが続く演技だったが、最初を決めたことでいい流れで行ける、と自信につながったという。

   またフリーでは、ジャンプを1つ飛ぶごとにお世話になった人の顔が思い浮かんできたそうだ。「今まではそんなことなかったんですけど、自然に、急に思い浮かべてしまった。なぜか知らないけど…初めての経験でした」と、不思議な体験だったことを明かした。もちろん舞さんの顔も浮かんだそうで、「このジャンプは舞だ、舞のために飛ぼう」という気持ちで演技していたという。

   演技後には涙も見せたが、その時の心境は「SPでああいう結果になり、不安の方が大きくて、出来るかなと葛藤もあったけど、フリーで最高の演技ができて、やってきてよかったという気持ちだった。嬉しくて自然と涙が流れてきた」と振り返った。

今後については「時の流れに身を任せようかな」

   応援してくれた人へのメッセージを求められると、

「ソチオリンピックではショートであのような結果になってしまって、多分たくさんの方が心配したりしていたと思うんですけど、その分フリーで最高の形として皆さんにお見せすることができて、私自身すごい嬉しいですし、たくさんの方の応援もすごく届いてましたし、応援して下さってるんだなというのをすごい感じていたので、ありがとうございましたとお礼を言いたいです」

と、感謝の気持ちを述べた。

   話は進退にも及んだ。舞さんは「大切な決断なので、色んなことを考えて、今までの人生よりこれからの人生の方が長いので、素敵な人生を歩めるような決断をしてくれたら」と妹を気遣う。

   浅田選手自身は「考えても決まらないので時の流れに身を任せようかな」という。考えに考えた結果、「自分が思うがままに、あまり考えすぎなくてもいいのかな」という心境に至ったそうだ。「舞もいるので相談したりして、今は目の前にあることを精一杯できれば」と明言は避けた。

   ちなみに結婚については「いつかはしたい」という口ぶりだった。子供ができたら1度スケートに連れて行って、好きそうだったらやらせたいという。「好きでもないのにやるのはつらいと思うので」と、無理にさせたくはないようだ。

   最後に「5歳から続けてきたスケート、今改めてどんな存在だと思うか」との質問に、こう答えた。

「嫌になったこともあったけど、自分と同じくらい一緒に歩んできたものなので、大好きだと思ってます」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中