新車販売、「低燃費」が決め手に 13年度のベストテンに「軽」が7車種

印刷

   2013年度の車名別新車販売台数は、トップ10の中に軽自動車、ハイブリッド車(HV)がずらりと並び、低燃費車の人気を裏付けた。

   一方、日本市場にマッチした輸入車の販売も好調。消費増税前の駆け込み需要が全体を押し上げた格好だ。

アクアが2年連続でトップ

首位は「アクア」(画像は「トヨタ自動車」商品紹介サイト)
首位は「アクア」(画像は「トヨタ自動車」商品紹介サイト)

   日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2014年4月4日、発表した。それによると、首位はアクア(トヨタ自動車)で25万9686台。前年より8.1%減らしたが、2年連続でトップの座を守った。昨年12月に一部改良し、ガソリン1リットルあたり37.0キロと、燃費も首位。2位はプリウス(トヨタ)で、上位2車種がHVだった。

   4位はフィット(ホンダ)。ガソリン、HVと二つのモデルがあるが、半数以上がHVモデルだという。昨年12月にアクアに抜かれるまで、燃費は1リットルあたり36.4キロとトップだった。

   残る7車種はすべて「軽」。3位にN―BOX(ホンダ)が入ったのをはじめ、5位ムーヴ(ダイハツ)▽6位タント(同)▽7位ワゴンR(スズキ)▽8位ミラ(ダイハツ)と続く。9位は日産自動車が三菱自動車と共同開発したデイズが入り、10位はスペーシア(スズキ)が滑り込んだ。

   車体が軽い「軽」は、もともと燃費は悪くはないが、近年は技術革新が進み、一部車種はHVに迫る低燃費を実現している。ガソリン価格の高止まりもあって、低燃費が新車購入の「決め手」になる傾向がますます強まっている。

14年度の「反動減」が怖い

   一方、外国メーカー車も好調だった。日本自動車輸入組合によると、販売台数は、前年度比約22.9%増の30万2018台と17年ぶりに30万台を突破。ブランド別(乗用車のみ)の首位は独フォルクスワーゲン(VW)で、7万2155台と初めて7万台を超えた。2位メルセデス・ベンツ、3位BMW、4位アウディとドイツ勢が上位を独占した。

   最近は外国車も、小型、低燃費という日本市場に適したモデルを積極投入している。従来の日本車ユーザーも、十分選択肢となりうる「お手ごろ価格」の車種もある。VWのゴルフは「2013~2014日本カー・オブ・ザ・イヤー」を輸入車として初めて受賞するなど、存在感を高めた。1000万円前後の高級車もよく売れた。株高による「資産効果」が出た形だ。

   全体の販売台数は前年度比9.2%増の569万台。年度前半は不振だったが、9月には前年同月比17%増とプラス圏に浮上し、今年1月には29.4%増とピークに達した。消費税前の駆け込み需要が寄与した。

   ただ、4月以降は反動減が見込まれている。日本自動車工業会(自工会)は2014年度の国内総需要を475万台と予測。消費税率引き上げによる消費者マインドの低下を見込んだものだ。低燃費のHVや軽が支持される構図は変わりそうにないが、業界としては全体のパイの縮小が心配なところだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中