パナソニック、電気カーペット18万台回収 設計ミスで床焦がす

印刷

   パナソニックは2014年4月16日、2002~08年に製造した電気カーペット「かんたん床暖」など計10機種約18万台を無料回収し、部品交換をすると発表した。コントローラ内部の部品が過熱して床が焦げるなどの事故が、東京、埼玉、兵庫、京都、和歌山の5都府県で7件発生した。けが人は出ていない。設計ミスが原因でコントローラ部分を繰り返し踏まれると接触不良が生じて過熱する場合がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中