『北帰行』の外岡秀俊氏、「中原清一郎」で作家復活、「週刊読書人」がインタビュー

印刷

   38年前に小説『北帰行』で文壇に衝撃を与えた外岡秀俊氏が長い沈黙を破り、最近、作家活動を再開した。「週刊読書人」の2014年4月11号が外岡氏のロングインタビューで詳細を報じた。

   外岡氏は1953年生まれ。東大法学部在学中の1976年、石川啄木をテーマにした小説『北帰行』で文藝賞を受賞。高名な文芸評論家から高く評価されたが、作家にはならず、翌年、朝日新聞社に入社。記者活動に専念し、ヨーロッパ総局長や東京本社編集局長を経て2011年3月、同社を早期退職した。その後は故郷の札幌に戻り、『3・11複合被災』(岩波書店)など東日本大震災関連の著作を次々と出版、フリーでジャーナリスト活動を続けているとみられていた。

   今回のインタビューは「週刊読書人」の1面をほぼ全面使い、さらに2面にまたがる長大なもの。『文藝』の2014年1月号に「中原清一郎」のペンネ―ムで掲載され、3月に単行本化された長編小説『カノン』が実は外岡氏の作品で、再び小説を書くことになった心境の変化や経緯などを語っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中