「STAP論文」調査委員長が辞任 自身の論文データに疑義

印刷

   「SATAP細胞」の論文不正問題で理化学研究所の調査委員長を務める石井俊輔・理研上席研究員が2014年4月25日、自身の論文に不正が指摘されたことを理由に委員長を辞任した。理化学研究所によると、同委員会の委員である渡部惇氏(弁護士)が26日付で委員長になるという。

   論文は乳がんを抑制するタンパク質に関するもので、英科学誌ネイチャーの関連誌「オンコジーン」に2008年に発表していた。石井氏は責任著者の1人となっている。インターネット上などで、使用されている画像データに切り貼りの形跡があると指摘されていた。

   石井氏は24日、自身の研究室のホームページで、論文の説明に合わせて画像の順番を入れ替えていたことを認めた上で、「皆様に疑念を抱かせてしまったこと、またこれにより色々なご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。なお、問題の部分は、調査委員会のメンバーになって過去の論文をすべて見直した際に気付いたため、すでに訂正の手続きを行ったという。

   また、米国生化学分子生物学会が発行する学術誌に掲載された論文についても不正が指摘されていたが、こちらは「問題はないと考えています。オリジナルデータはすべて保存していますので、何時でも開示できます」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中