「アイドルやると自発的に考えて行動する力失う」 元ハロプロアイドルの告白に賛否両論

印刷

   かつてハロー!プロジェクト(ハロプロ)のアイドルグループに所属していた女性のブログがにわかに注目を集めている。

   「アイドルをやって、自発的に考えて行動していく力を失った」などと告白しているからで、「責任転嫁するな」などと批判が出る一方、理解できるという声も上がっている。

「与えられたものをうまくできるほど評価される」

   話題のブログを書いたのは、斎藤美海(さいとうみうな)さんという人物だ。2003年5月、ハロプロのアイドルグループ「カントリー娘。」に加入し、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手の妻となった里田まいさんらと共に活動していた。

   07年1月にカントリー娘。とハロプロを卒業し、ヒルトン東京でセラピスト、都内エステ勤務を経て、フリーランスのセラピスト、コラムニスト、メンタルカウンセラーなどの仕事をしていた。

   そんな斎藤さんが14年3月9日からブログを開始し、自身の近況や女性の恋愛などについて書き、3月24日には「アイドルをやって失ったもの」という記事を公開した。

   斎藤さんが失ったのは「自発的に考えて行動していく力」だという。

「だって仕事がアイドルですから。大人たちが用意してくれた、ステージに衣装に歌にダンスに、笑顔でイメージを守りながら発言をしていくのが仕事です。与えられたものをうまくできればできるほど上司に評価されるので、自発的に考えて行動していく力とか、アイドルには必要じゃないんですよね。その能力はないほうが仕事としてはいいって感じ」

   引き換えに得たものとしては、マルチタレントスキルや魅せ方、業界との関わり方、空気の読み方、人をプロデュースするとはどんなことなのかを学べたことを挙げている。

「だから成功しなかったんだよ」「彼女にはそう見えてたんだな」

   このブログが14年4月21日頃からネット上で広まり、「自発的に考えて行動しないアイドル、大人の思うように踊らされるだけのアイドルは売れないだろう…」「自分で考えて一生懸命やってる人は成功してるよ。あんたは素質がなかったって事だよ」といった否定的な意見や、「『自発的に動く力』か。確かにアイドルってそんな感じがしますね」「彼女に見えていたハローの世界は自分でものを考えないほうが仕事がうまくいくところだったんだな、と思うとなんともいえない気持ち」など斎藤さんに理解を示す声など、さまざまな書き込みが投稿されている。

   ブログのコメント欄では「だからアイドルとして成功しなかったんですよ。そんな大人たちにチヤホヤされて浮かれて調子にのってただけでしょ?」「大人の言うことを聞くだけで自分からモノを考えないアイドルなんて今の世の中求められてないしすぐ淘汰されますよ」「売れなかったヤツの言い訳かまたはそもそも考えるだけの頭もなかったバカの責任転嫁でしかない」など批判意見が寄せられている。

   こうした声を受け、斎藤さんは4月25日、「不器用」というタイトルのブログを更新した。

「本当は、めちゃめちゃ人が大好きで、関わる人を幸せにしたいなって気持ちでいっぱいで、それは子供のときから、いつの時代も変わっていないパーソナリティなんだけど。不器用なのか言葉がマズイのかよく誤解されちゃうんだよね。超、なやみー。涙 ごめんね、ほんとは、大好きなんだけどな」

と弁解のような文章をつづっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中