全日空の客室乗務員、制服10年ぶりに一新

印刷

   全日本空輸は2014年4月24日、客室乗務員の新しい制服を発表した。10年ぶりの変更となる今回は「変化と挑戦」をイメージし、明るいグレーを基調としたデザインとなった。ジャケットの腕のところやスカートの後ろ側に青いラインが入れてある。アメリカのオバマ大統領夫人などが愛用するブランドのデザイナー、プラバル・グルンさんが担当した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中