「羽生パレード」、ユヅリストの行動はそんなにひどかったのか トラブル強調の「とくダネ!」特集に疑問の声

印刷

   ソチ五輪の男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手(19)の凱旋パレードが、2014年4月26日に仙台市で行われた。

   詰めかけた約9万2000人の観客の熱狂ぶりが各メディアで取り上げられたが、「とくダネ!」(フジテレビ系)の報道が「ファンを小馬鹿にしてる」「悪意がある」などとして、疑問の声が出ている。

「韓流ブームみたい。パチンコ台出ますよ」

仙台の町を沸かせた羽生選手(14年4月撮影)
仙台の町を沸かせた羽生選手(14年4月撮影)

   14年4月28日の「とくダネ!」では、MCの菊川怜さんが「熱狂的ファンによるトラブルが相次ぎました」と前置きして、羽生選手のパレードの特集を放送した。

   沿道で羽生選手を待ち構えるファンの様子を伝える中で、迷子になってしまった5歳児について「母はその場を離れたくなかったのか、1人でトイレに行かせてしまったという」、大混雑の中倒れてしまった女性については「一瞬心配するものの、ファンたちの視線はすぐに羽生選手に戻り、倒れてできた空間も瞬時に人で埋め尽くされた」とのナレーションが入った。

   さらに、ファンがパレードカーを追いかけるため、警備員の忠告を無視し、横断歩道を渡らずに自動車の間をすり抜けながら道路を横断する様子も流れてしまった。

   羽生選手といえば、3月末のフィギュアスケート世界選手権でファンが滑走前に「ゆづ、愛してるー!」と絶叫したことが物議を醸した。ユヅリストと呼ばれる熱狂的ファンだと思われるが、阿部悦子レポーターは「取材によると、ファンの間で話し合いがあったそうで、『愛してる』は(パレードでは)禁句だった」と解説した。

   あまりの熱狂ぶりに、コメンテーターの山本一郎さんは「韓流ブームみたい。パチンコ台出ますよ」と呆れていたようだった。

阿部リポーターはファンについて「整然としている」

   とくダネ!の内容について、視聴者は「どうもすっきりしない。ファンの人たちを小馬鹿にしてる感じ」「パレードの様子をめでたく報道する他局に比べ、観客のマナーの悪さ総集編みたいな作り」「(パチンコ台発言について)国民の代表になんでそんなキモい比喩を?それに未成年にパチンコ化とか心底穢れた番組だ…」などと怒りのツイートを投稿した。

   また、「話し合いで『愛してる』が禁句になった」という話については「話し合いがあったとかwいつどこで誰がw」「なにいってんの、とくダネ」「これだからとくダネは」と「事実ではない」と指摘する書き込みも相次いだ。実際、直後に「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で「ゆづ愛してるー!」と叫ぶ女性たちの映像が流れている。

   一方、ファンから絶賛されたのが「スッキリ!」(日本テレビ系)だ。

   パレードカーの上での「やばい。超手が疲れてる」「めっちゃ揺れるね!」といった羽生選手のつぶやきや、同行したインターナショナルスクールの生徒と流ちょうな英語で会話する姿、どこにいても羽生選手が見えやすくなるようなパレードカーを設営するスタッフの工夫などを、約30分にわたって取り上げていた。現地に取材に行った阿部祐二リポーターはファンについて「整然としている」と評していた。

   ツイッターでは「ひとり言たくさん聞けて貴重でしたw」「30分もあって本当に大満足です」「スッキリのが一番観てて楽しかったよー」などと書き込まれている。

   ちなみに当日警備ボランティアで参加したというツイッターユーザーは、パレード終了後「トラブルもなくまったりでした。終了後ゴミ拾い一時間の予定でしたが、目立ったゴミもなく、そのまま解散しました。皆さんのマナーの良さに感動しました」とツイートしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中