朴大統領が焼香所で喪服女性と抱擁 政府による「演出」疑惑が持ち上がる

印刷

   韓国南西部の珍島付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、またもや何らかの演出があったのではないかという疑惑が持ち上がったと、韓国メディアが報じている。

   朴槿恵大統領が、犠牲者を追悼する政府合同焼香所を訪れた際に、遺族と見られる高齢女性が大統領と抱擁を交わした、この光景が演出ではないかというのだ。

手には赤いマニキュア

   2014年4月30日の聯合ニュースやハンギョレ新聞などによると、朴槿恵大統領は29日、ソウル近郊の安山市内に設けられた政府合同焼香所へ弔問のため訪れた。献花した後、近くにいた喪服姿の高齢女性の手を握り、少し会話をしてから抱擁した。この様子は韓国の各メディアで報じられ、国民の多くは大統領が、おそらくは孫を亡くしたであろう高齢の女性を慰めていると受け止めた。

   ところが、女性は警護がはりめぐらされた中でも朴大統領と一定の距離を置いて終始付きまとっていた。誰かが大統領側に押して近寄らせている姿もテレビに映っていた。実は当局側が用意した「演出」ではないかという疑惑が韓国ネチズンの間で騒がれ始めた。手に赤いマニキュアを塗っていたことも「偽遺族」を疑う根拠とされている。

   これを受けて遺族の会は、遺族の中でこの女性を知っている人はいなかったということを明らかにした。朴大統領が訪れた午前8時半は、焼香所が正式に開かれる1時間前で、取材陣と遺族以外は本来入ることができないはずなのに、なぜ遺族ではないこの女性が近寄ることができたのか。

   疑惑を受けて大統領府側は、

「朴大統領が老女を慰めている写真に対して、演出だという報道があるが、それは事実でない。焼香所に弔問客もおられたし、遺族と一般人が混じっていて、誰が誰なのか分からない状況で、1人が大統領に近寄って挨拶した」

と演出を否定した。ハンギョレ新聞はそう伝えている。

   また、京郷新聞は「朴大統領が慰めた女性は、一般弔問客」という記事で、「大統領が肩を抱いて慰めた女性は焼香所の近隣住民であり、弔問に行って大統領に会ったと明らかにした」とし、女性は取材に対して偶然訪れたと主張している。

大統領府側から「要請」あったという報道も

   一方で、「女性は大統領府側が交渉した人物だと確認された」という記事も出た。韓国CBSノーカットニュースは30日、「あらかじめ計画したのではないが、大統領府側が当日、合同焼香所で目についた該当老人に『要請』をしたことは事実」で、「ただしその方が遺族なのかどうか、確認はしなかった」という政府関係者の証言を伝えた。「要請」とは「大統領が弔問する時に近くで後に従いなさい」という内容だという。

   韓国ネットではこの件をめぐる議論が続いているが、日本のネットでは「何から何までウソまみれ」「もうお腹いっぱい」といった書き込みがされている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中