「たかみな卒業」本当なの? 一時ツイッタートレンド入りでファン大慌て

印刷

   2014年4月30日、あるツイッタートレンドワードが一部ネット上を騒がせた。

「たかみな卒業」

   AKB48の1期生でチームAのキャプテン、48グループの総監督でもある高橋みなみさん(23)、通称「たかみな」が卒業する!?とファンが慌てふためいたが、このトレンド入りには裏があったようで…。

「私が向き合うチームはこれが最後になると思っています」

高橋みなみさん(14年4月撮影)
高橋みなみさん(14年4月撮影)

   14年2月の「大組閣祭り」でメンバーが入れ替わった「新生チームA」の公演が4月30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われ、4月8日に誕生日を迎えた高橋さんの生誕祭が開かれた。

   同期で同じチームのメンバー、小嶋陽菜さん(26)から「どんな1年にしますか?」と聞かれ、高橋さんはこんな思いを明かした。

「敦子(前田敦子さん)の卒業に始まり、たくさんのメンバーが私の周りからいなくなっちゃったけど、その度にやっぱり自分はどうしようとか、自分は何をすべきかとか、自分のやりたいことは何なんだろうっていうことをいつも自分に自問自答していて。歌手になりたいって夢が私にはあって、でも、それじゃないものを求められることもたくさんあって、葛藤というか、総監督になった時も総監督やだなって思ったし、この組閣があった時もまたか、って思いました、正直。もう一度やらなきゃいけないんだな(編注:チームAのキャプテンは12年11月に高橋さんから篠田麻里子さんに交代していた)って。やっぱり、キャプテンってのは向き合わなきゃいけないし、私がやった時とは全然環境も違うし、まず16人体制じゃないし、それに対してのメンバーをまとめるっていうのがすごく大変なことだなって思ったから、このタイミングでやるっていうのは自分にとってはすごく、どうしたものかとは思いました。でも色んなことを振り返って色んなことを見たときに、きっと、私が向き合うチームはこれが最後になると自分で思っています。そしてこのチームAのメンバーを私はきちっと育てていきたいと覚悟を決めました」

   そして、今年の目標として、11年、12年と連続で獲得したものの13年はEXILEにその座を譲った「日本レコード大賞」をもう1度受賞したいと語った。

2chの「【速報】たかみな卒業発表」スレがトレンド入りの一因?

   高橋さんの発言を受けて、公演を見ていたファンはツイッターで次々と「レコ大でたかみな卒業するのかな?」「【悲報】たかみな今年卒業フラグ」「絶対来年たかみな卒業だ。やだよー(泣)」などとつぶやいた。2ちゃんねるには「【速報】たかみな卒業発表」といった「釣り見出し」のスレッドが立ち、見出しだけ見た人が「え、たかみな卒業?!?!?!」「たかみな卒業するんだ~」「たかみな卒業?!まじか?!」などと相次いでツイートした。

   すると、4月30日23時過ぎから「たかみな卒業」というワードだけがトレンド入りし、騒ぎがさらに広まる形に。23時30分までの15分間に「マジで!?」「いやガセだから」など、「たかみな卒業」というワードが入ったツイートが500件近く投稿された。

   5月1日18時現在も、「たかみな卒業とか泣きそう」「たかみな卒業するの!?」など、思い込みによるツイートがいくつか見られる。

   ちなみに高橋さんは生誕祭で、こうも語っている。

「もちろん自分の夢もあります、自分のやりたいこともあります。でも、まず忘れてはいけないのは、ここがあるからということです。私はやっぱりAKBが好きです。そしてこの劇場がほんとに、ほんとに好きです。(中略)私ももう少しこの劇場に立っていたいです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中