光岡自動車「オロチ」生産終了へ ネットでも終幕を惜しむ声

印刷

   光岡自動車(富山市)が2014年4月、スポーツカー「オロチ」の生産を終了すると発表した。

   保安基準の厳格化などに対応するのが困難なのが理由。9月に5台限定となる新モデル「ファイナル オロチ」を発売し、開発着手から14年の歴史に終止符を打つことになった。

2000年から開発がスタート

ついにファイナル(画像は光岡自動車「ファイナルオロチ」紹介サイト)
ついにファイナル(画像は光岡自動車「ファイナルオロチ」紹介サイト)

   ゴールデンウイークまっただ中の4月27日、家族連れなどでにぎわう「日本橋三越本店」(東京都中央区)。本館1階南口に人だかりができていた。「ファイナル オロチ」が展示されていたからだ。「オロチ最終章 『ファイナル オロチ』 限定台数5台」と書かれたパンフレット片手に、スマートフォンやタブレット端末でオロチの写真撮影をする人たちが後を絶たない。これが最終モデルだと知ると「終わるのはもったいない!」「日本車にこんなにかっこいいデザインはないのに」「買えないけど、これからも見ていたい車」などと生産終了を残念がる声が漏れた。

   オロチは2000年から開発がスタートし、2001年の東京モーターショーでコンセプトカーが初めて公開された。その高いデザイン性から反響を呼び、2006年10月に市販化が発表され、2007年4月に発売が始まった。エンジンなどは他メーカーの供給を受けているが、発売からの7年間に、より個性的なデザインの限定車も数多く発表。オロチは日本のみならず海外でもカーマニアの間で広く知られるようになり、「世界に光岡をアピールできた」(光岡章夫社長)と光岡自動車のフラッグシップカーへと成長した。

5月3~6日にも展示

   ただ、今年10月から横滑り防止装置が義務化されるのに対応するのが難しく、トヨタからのエンジン供給も終わることから、光岡自動車は4月23日に生産打ち切りを発表した。都内で記者会見した光岡社長は「製作から14年、光岡の(飛躍の)足がかりのきっかけとなった」と振り返り、「これからもわくわくどきどきさせるような車を作っていく」と述べた。

   これを受けてネット上では、「残念だ」「独特なスタイルは永遠」「大手メーカーにも作って欲しい独創的なボディラインだった」と終幕を惜しむ声が相次いだ。

   5台限定の「ファイナル オロチ」はトヨタから供給される3.3リットルのV型6気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は233馬力となっている。ボディカラーは紫の「不夜王」、白の「ゴールドパール」の2色で価格は1270万円。4月末の展示に続いて5月3~6日には日本橋三越本店で、クラシカルなデザインで根強い人気を誇る「ビュート」をベースにした同本店とのコラボレーションカー「ビュート ミヤビ」(限定20台発売)とともに展示される予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中