「ふっくん」緊急会見で突如注目 「インベスターズTV」って何者だ?

印刷

   タレントで元シブがき隊の「ふっくん」こと、布川敏和さんが妻でタレントのつちやかおりさんとの離婚報道をめぐって、2014年5月1日に緊急会見を行った。

   その会見場となったのが「インベスターズTV」。聞きなれないインターネットの動画サイトだが、「いったい何者だ?」と注目されている。

ヨーヨーやサーフィン… ちょっと「マニアック」な番組を放送

布川敏和さんの緊急会見に使われた「インベスターズTV」(布川敏和さんのブログより)
布川敏和さんの緊急会見に使われた「インベスターズTV」(布川敏和さんのブログより)

   「子どもたちのためにも…」「おじいさん、おばあさんになっても手をつないで歩きたい」などと、つちやかおりさんとの「復縁したい」気持ちを語った布川敏和さんだが、インベスターズTVではその緊急会見の模様をノーカット版で放送している。

   インベスターズTVは無料で見られるインターネット放送局で、月曜日と水曜日には生放送もやっている。会員登録すれば、1日に放送された布川さんの会見の模様をはじめ、最新の番組が見られる。

   「10年経っても色褪せない情報を!」をコンセプトに、「見る人の明日への一歩につながる、勇気や元気などを伝えられる番組」を目指している。「立ち上げて4期目の、まだ新しい放送局ですが、PR活動を一切せずに、口コミで(会員を)広げてきました」と、人と人とのつながりを重視してきたと話す。

   そんなことからか、1日の緊急会見も布川さんから「急きょ、お願い」と頼まれてのことだった。

   そんなインベスターズTVだが、得意ジャンルは「経済ニュース」というから、ちょっと異色。たとえば、経済ど素人が世の現場に突撃する「熊谷真由美(プロボディボーダー)の素人社会科見学」や、ニュースや身近で起こった出来事から、株式評論家でデイトレーダーの若林史江氏が市場を分析・解説する「若林史江のシジョウなう」などがそれだ。

   ほかにも、ヨーヨーのトリックを楽しく放送していく、ヨーヨファン必見の「ヨーヨーニュース」や、サーフィン仲間による「ローカル波情報」のほか、動画を織り交ぜて展開する「新!波乗りやってる~?」といった、なかなかマニアックな番組も。

   スポーツや音楽番組に、「いま力を入れています」という。

「人と人とのつながり」で、クラウドファンディング事業も

   インベスターズTVが、経済ニュースを「得意」にしているのにはワケがある。インベスターズTVは「ソーシャルキャピタル・プロダクション」が運営するが、その代表は「さわかみ投信」の社長である澤上龍氏が務めている。つまり、さわかみ投信の兄弟会社なのだ。

   それもあって、さわかみ投信の澤上篤人会長は「今週の株価予想」や、自身のブログ「長期投資家日記」などに寄せられる質問や人生相談に応じる「水曜にほえろ!」、中小企業を訪問する「企業探訪。いっちょ行ってみるか!」といった番組に出演する。

   さわかみ投信も日本初の独立系投資信託会社として、投資信託を投資家に直接販売する、数少ないスタイルをとる。同社は「ソーシャルキャピタル=人と人とのつながりから生まれる価値」が希薄化する現代社会に、それらをプロデュースしていく会社という。

   インベスターズTVのほか、オフィスコンサルティングや起業支援、クラウドファンディング事業も手がける。

   クラウドファンディング事業では、2013年9月に開催された日本最高峰のサーフィンコンテスト、「第18回ISU茨城サーフィンクラシック」の賞金と運営費330万円を、144人が支援して成功させた実績をもつ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中