「不仲芸能人」は本当に不仲なのか 実は「芸能人は全員仲が悪い!」

印刷

   不仲が噂されていたお笑いコンビの「とんねるず」「ダウンタウン」「爆笑問題」がフジテレビ系「笑っていいとも!」で共演し大きな話題になったが、今度はお笑いタレントで現在は実業家として知られるヒロミさん(49)と、ヒロミさんの生意気な態度に激怒し芸能界から干したと噂される堺正章さん(67)が、10年ぶりにTBS系料理番組「新チューボーですよ!」で共演すると発表され注目されている。

   不仲説を意図的に流し話題作りをしたり、不仲とされるタレントを共演させることを「不仲ビジネス」というらしいが、この「不仲ビジネス」は今後のトレンドになりえるのだろうか。

仲が悪いというよりも「両雄並び立たず」

   ヒロミさんといえば最盛期にはレギュラー番組が10本以上、年収は数億円と言う超売れっ子だったが04年にレギュラーだったフジテレビ系「発掘!あるある大事典」が捏造騒動で番組が打ち切られるとなぜかテレビの露出が激減した。一説には同番組の司会だった堺さんの逆鱗に触れたからだともいわれたが、2人は14年5月17日放送の「新チューボーですよ!」で10年ぶりの共演を果たすことになり、そのニュースはスポーツ紙などでも大きく報じられた。TBSは「ウワサの真相が明らかに!?」と盛んに宣伝していて、堺さんも噂の真相は放送での「2人の会話のやりとりをご覧いただきたい」と煽ったと報じられた。

   スキャンダルを売り物にするのはメディアの常とう手段だが、「笑っていいとも!」最終回の「不仲コンビ同士」の共演が大きな話題になり、今回のヒロミさんと堺さんの共演の注目度から「不仲ビジネス」は今後のトレンドになるのではないか、と見る向きもある。果たしてどうなのだろうか。

   芸能評論家の肥留間正明さんに話を聞いてみると、不仲ビジネスを戦略的に仕掛ける場合もあるだろうけれど、それはたいがい失敗する、と言い切る。

「堺とヒロミの場合は芸能界での格が違いすぎて不仲などといった括りに当てはまらないし、そもそも芸能人は『自分が一番』と思っているため全員仲が悪い、というのが基本だからです」

と説明する。さらにスター同士の場合は仲が悪いとされていても、それは「両雄並び立たず」という結果であり、仲が悪いというよりライバル。互いが芸能界でのポジションやスタイルを確立しているため、実は互いの頑張りを認め合っていたりするのだそうだ。

沢尻エリカと佐々木希の不仲アピールも失敗

   仮に、不仲なタレントを登場させる企画を立てたとする。誰を選ぶかについて、例えば石原裕次郎と小林旭、高倉健と鶴田浩二は不仲と言われていた時期がある。こうした大スターを不仲としてバラエティで共演させれば視聴率が稼げるに違いないし、内容の濃い会話や映像も期待できる。ただし、今のテレビ界にはこうした大スターを共演させる力はもうない。

   今の芸人などは仲良し小好しで騒いでいるが、あんなふうにつるんでいるのは実力がなくて一人では生き残れないからだ。大スターを「不仲」としてテレビに出せないからといって、実力のないタレントで不仲ビジネスをしても視聴者には不快感しか伝わらない。フジテレビのドラマ「ファースト・クラス」で沢尻エリカさんと佐々木希さんが実生活でも不仲だと宣伝しドラマへの関心を引こうとしたが、話題性、視聴率共に低いのがいい例だと肥留間さんは解説する。

「不仲ビジネスを仕掛ける方は本当に下品だと思いますよ。芸能界の在り方はそういうことではありませんからね。そんなことを売りにするテレビ局は本当に情けない」

   はたして、17日放送の「新チューボーですよ!」は局側の思惑通りの視聴率を獲得することができるだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中