スカイツリー2周年前に来場者数伸び悩み 年40日の「展望台休止」大きく響く

印刷

   今年のゴールデンウィークは休みが短く、近場の観光地が注目を集めた。開業2周年を間近に控える東京スカイツリーもそのひとつだ。ところが、2013年度の来場者数は想定を下回る数字に終わっていたことが明らかになった。

   今なおチケット売り場に長蛇の列ができる人気ぶりからすれば、ちょっと意外な結果だ。いったいなぜだろうか。

強風でエレベーターが停止、悪天候だと展望台が「雲の中」

ライトアップされた夜のスカイツリー(2012年撮影)
ライトアップされた夜のスカイツリー(2012年撮影)

   連休前の2014年4月19日、記者は家族3人でスカイツリーを訪れた。入場券を求めて15時過ぎに並び始めたが、土曜日とあってか売り場には先頭が見えないほどの人々が並んでおり、当日券を入手するまで1時間以上はかかった。ようやく登った展望台もかなりの人出で、人垣をかき分けながらでないとなかなか景色を眺められないほどだった。

   観光スポットとしての人気の高さを実感したが、一方で「スカイツリー」をキーワードにツイッターを検索すると、こんな「悲鳴」が少なからず確認できる。

「せっかくスカイツリーに行ったけど、19:30を持ちまして中止致しますとのこと 残念すぎるわ」
「登るチケット買うのにならんでて、一時間ならんでたら登れなくなりましたーって言われた」
「しかし強風でスカイツリー登れなかったー!」

   さらにこんな数字が浮き彫りとなった。2014年4月30日に発表されたスカイツリーの2013年度来場者実績は約619万人で、想定を25万人下回ったというのだ。理由として挙げられているのが、「営業中の急激な天候変化、強風」の多発だ。

   開業当初から、スカイツリーの弱点が天候であることはしばしば指摘されてきた。特に構造上「風」は難敵で、展望台に登るために不可欠なエレベーターは、揺れによる事故を防ぐため強風時は運行できない。開業初日には、早くも暴風雨のためエレベーターを一時停止する事態に陥り話題を呼んだ。

   NHKの報道によれば、2013年度中に天候不良などのため展望台の営業が休止された日は、年間40日で、前年度より15日多かった。この15日分の「そろばん違い」が、来場者数が想定を下回った主な理由だという。

   それにしても年に40日ということは、おおよそ9日に1日は展望台に登れない日があるということになる。またその高さが災いし、悪天候時には展望台がすっぽり「雲の中」ということも。展望スポットの宿命とはいえ、その魅力は天気に大きく左右される。実際に記者が訪れた日もくもり気味だったため、富士山など遠くに見えるはずの名所はほとんど確認できなかった。

「スカイツリー歌舞伎」「ソラマチ活性化」で「登らない客」取り込む

   もちろん、運営する東武鉄道も手をこまねいているわけではない。4月30日発表の「東武グループ中期経営計画2014~2016」では、スカイツリーの来場者拡大策として、このエレベーター問題の改善を検討することが盛り込まれた。

   また開業2周年記念として開催予定の「スカイツリー歌舞伎」をはじめとする各種イベントや、隣接する東京ソラマチの活性化、地元との連携など、展望台以外の部分でも集客を強化する、すなわち「登らない客」の取り込み策も打ち出している。海外でのプロモーションも強化し、来場者数の底上げを目指す考えだ。

   旅行サイト「トリップアドバイザー」が利用者の口コミを元に3月発表した「行ってよかった日本の展望スポット2014」では、スカイツリーは前年の2位から8位に評価を落とした。6位から3位に順位を上げた東京タワーに後れを取るなど、開業当初の勢いはかげりを見せる。それでも3年目となる2014年度、東京スカイツリー単体では597万人、スカイツリータウン全体では3500万人の来場者を目指し、「観光立国日本のシンボル」(東武鉄道)としての定着を狙っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中