理研「STAP細胞論文」再調査せず 小保方氏に取り下げ勧告

印刷

   「STAP細胞」論文の不正問題を巡り、理化学研究所の調査委員会は2014年5月8日、小保方晴子研究ユニットリーダーの不服申し立てを退け、再調査は行わないことに決定したとホームページで発表した。

   小保方氏は調査委員会が認定した論文中の改ざん、捏造について、研究不正の対象外である「悪意のない間違い」だと主張してきたが、発表された報告書では「『悪意』とは、客観的、外形的には研究不正とされる捏造、改ざん又は盗用の類型に該当する事実に対する認識をいうものであって、『悪意』とは法律用語としての『知っていること』の意であり、故意と同義のものと解される」と説明し、悪意があったものとして改めて不正を認定した。

   理研は8日、小保方氏に審査結果を通知するとともに、論文の取り下げを勧告した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中