ルインスキーさんがクリントン元大統領との不倫で手記 「私自身深く後悔」

印刷

   米国のクリントン元大統領と不倫関係になったとして話題になったホワイトハウス元実習生のモニカ・ルインスキーさん(40)が、長年の沈黙を破って手記を米バニティ・フェア誌に寄せた。同誌が2014年5月6日、その一部をウェブサイトに掲載した。

   ルインスキーさんは

「私とクリントン大統領の間に起きたことには、私自身深く後悔している」

などとつづった。クリントン元大統領が口止め料を支払ったという疑惑は強く否定した

   8日からは購読料を支払えば全文が読める。紙媒体は13日に発売予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中