どうした「嵐」! 人気にかげり? 二宮ドラマ低迷、櫻井映画も絶不調

印刷

   「嵐」といえば、今やジャニーズの中で一番人気と言っていいグループだ。連日テレビや雑誌などのメディアに登場し、メンバーの顔を見ない日はないという人も多いだろう。

   そんな嵐だが、なぜかテレビドラマや映画がぱっとしない。グループきっての演技派との呼び声高い二宮和也さん(30)主演ドラマが視聴率1桁に甘んじているほか、櫻井翔さん(32)主演映画もふるわない。そろそろ嵐人気もピークを過ぎつつあるのだろうか。

大野智主演「死神くん」も視聴率減少傾向

「弱くても勝てます」公式サイト
「弱くても勝てます」公式サイト

   二宮さんが主演する土曜21時のドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(日本テレビ系)は2014年4月12日にスタートした。二宮さん扮する田茂青志が進学校の「ダメダメ野球部」の監督となり、弱いながら頭を使って勝利をつかんでいくというストーリーだ。

   二宮さんが「3年半ぶりの連続ドラマ主演」「日テレの連ドラ出演は初」ということもあって注目度が高く、初回視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずの滑り出しだったが、2話は11.7%に減少。3話では9.4%と1桁台に転落し、5月3日放送の4話は7.6%と、一向に下げ止まる気配がない。

   二宮さんの最近の出演作を見てみると、07年の「山田太郎ものがたり」(TBS系)は全話平均視聴率が15.3%、08年の「流星の絆」(TBS系)は16.6%、10年の「フリーター、家を買う。」(フジテレビ系)は17.1%と、高い数字を誇っている。

   今回の不調についてネット上では「キャストに力入りすぎなんだよ。ストーリーに全力を注いで欲しかった」「進学高校野球部の設定を完全に無視した作品にがっかり」「要らない余計な話が多すぎる。キャストはいいのにもったいない」など、内容を問題視する声が多く上がっているが、それを踏まえても「嵐が出ている割には寂しい」と思ってしまう視聴率だ。

   同じメンバーの大野智さん(33)が主演する金曜23時15分~のドラマ「死神くん」(テレビ朝日系)の視聴率は初回から3話まで順に11.2%、10.1%、9.9%となっている。時間帯を考えるとまずまずの数字だが、こちらも減少傾向にあることは間違いなく、5月9日放送の4話の数字が気になる。

CD売り上げは1週間で50万枚超の好調ぶり

   14年1月~3月まで放送されたドラマ「失恋ショコラティエ」(フジテレビ系)は松本潤さん(30)主演で「月9」枠という好条件だったが、全話平均視聴率が12.19%と伸び悩んだ。

   14年3月21日に公開された櫻井さん主演の映画「神様のカルテ2」は、4月27日時点で興行収入が7.4億円だ。前作の「神様のカルテ」は最終興行収入が18.9億円だった。現在大ヒット中の「アナと雪の女王」に押されていることもあってか、今作はかなり寂しい数字になってしまっている。

   演技仕事での苦戦が続く嵐だが、CD売り上げはいまだ絶好調だ。

   「失恋ショコラティエ」の主題歌で、14年2月発売のシングル「Bittersweet」は発売から1週間で約51.2万枚を売り上げた。「弱くても勝てます」の主題歌で4月に発売された「GUTS!」も、初週で約50.1万枚を記録した。

   嵐のシングルは通常、ミュージックビデオが収録されたDVD付きの初回限定盤と、収録曲違いの通常盤の2種類で販売される。イベント参加券を付けたり、異なる特典付きで何種類も発売したりという手法で売り上げを伸ばすのが主流になってしまっている今の音楽業界で、大した特典もなくここまで売り上げるのは驚異といえる。

   また、14年9月には米ハワイでデビュー15周年を記念したコンサートを開催することも決まった。各スポーツ紙の報道によると、2日間で計3万人を動員するイベントは、日本人アーティストがハワイで開催するイベントとしては過去最大規模とのこと。日本からのハワイ便増発も検討されているといい、ド派手なイベントになりそうだ。

   14年11月には、相葉雅紀さん(31)主演の映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」の公開が控えている。ここで好成績をおさめて、「嵐人気はやっぱり盤石だった」と思わせてほしいところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中