W杯日本代表候補をフライング発表? 独クラブがHPに一時掲載

印刷

   サッカーW杯ブラジル大会に臨む日本代表選手の発表が目前に迫る中、ドイツ2部リーグ「1860ミュンヘン」が2014年5月8日、同クラブ所属のFW大迫勇也選手が予備登録メンバー30人に入ったと公式サイトで伝えた。

   サイトに掲載された記事では、大迫選手のほかに、ドイツでプレーしている7選手の名前が記され、それによればニュルンベルクの長谷部誠選手、清武弘嗣選手、ヘルタの細貝萌選手、マインツの岡崎慎司選手、シャルケの内田篤人選手、シュツットガルトの酒井高徳選手、ハノーバーの酒井宏樹選手が予備登録メンバーに入ったとしていた。その後、記事は削除された。同日には独大衆紙「アーベントツァイトゥンク」(電子版)も8人の名を報じた。

   日本代表選手23人は12日に発表される。日本サッカー協会の広報担当者は「12日に発表するので、それまでは調整中です」とコメント。報道内容については「何とも申し上げておりません」と答えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中