忙しい朝、素早くメイクしたい! 化粧品は「時短」「高機能」がトレンドに

印刷

   化粧水や日焼け止め、ファンデーションなど複数の異なる役割をあわせ持ち、スピーディに化粧することができる「時短化粧品」の高機能化が進んでいる。化粧水と乳液、美容液という3つの機能をもつ定番だけで、既に市場規模は500億円を超えるとされ、高まる人気を背景に化粧品各社が新商品の開発にしのぎを削っている。

   化粧品業界では「時短化粧品は今後の化粧品市場全体をけん引する存在」(化粧品大手メーカー)と見て、一段と力を入れている。

1本で5つの役割こなす

資生堂「インテグレート ミネラルファンデーション」サイト
資生堂「インテグレート ミネラルファンデーション」サイト

   「洗顔したらすぐファンデ」――。資生堂が時短化粧品の新商品としてこの春、自信をもって発売したのが「インテグレート ミネラルウオータリーファンデーションN」(税込み1404円)だ。1本で化粧水と乳液ばかりか、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションと5つの役割をもつ。

   洗顔後、化粧水から始めてファンデーションを仕上げるまでの時間は通常、数分~数十分かかってもおかしくない。しかし、この商品を使えば一気に仕上げができる。「忙しい朝は、すばやく短時間で化粧を済ませたい」というニーズから開発された。

   美容液とファンデーションを合わせた「BBクリーム」はすでに一般に広まっているが、化粧水や乳液とファンデーションを組み合わせることは技術的に難しいとされてきた。「業界ではおそらく初の商品ではないか」(化粧品会社)とされる。

男性用も登場

   ライバルのコーセーは5月16日、1品で美容液と日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダーの5役を備えた「エスプリーク ひんやりタッチ BB スプレーUV」(2268円)を発売する。スプレータイプのBBクリームともいえる存在で、夏向けにひんやりした使用感を加えたのが特徴だ。

   時短化粧品は男性化粧品にまで拡大しており、資生堂は男性向けブランド「ウーノ」から、スキンケアと日焼け止め効果をあわせ持つ「スキンケアタンク(UVカット)」(864円)も今春、発売した。

   時短化粧品は、3年ほど前から急速に需要が広がった。洗顔後のスキンケアが1本で完了できる商品「オールインワン」や、韓国から紹介されたBBクリームの人気がきっかけだった。景気低迷の中、1本で複数の機能があるという手軽さやお買い得感が人気の背景にあるようだ。さらに、「女性の社会進出が進むにつれて、お金はあるが時間がないという人が増えていることが最大の理由」と、大手化粧品の担当者は指摘する。

   化粧品各社は、時短化粧品を単なるブームとしてとらえず、将来的に大きな市場を形成する可能性を秘めた商品としていっそう重視する方針だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中