非常に仕事熱心で真面目、教え子からも慕われる そんな福岡県の小学校長がなぜ覚せい剤を

印刷

   教師が覚せい剤の所持・使用で逮捕されるという報道が相次いでいる。2014年5月9日には福岡県春日市の小学校校長(57)が覚せい剤所持で逮捕された。

   覚せい剤がらみの逮捕者は、仕事にも怠惰で挙動不審というイメージがあるが、実は非常に仕事熱心で真面目、教え子からも慕われていたという報告が多い。そして40代、50代の教員が多いのだ。どうして彼らは覚せい剤に手を出してしまうのだろうか。

「全くもって信じられません」

   春日市教育委員会によれば逮捕された大谷小学校の校長は、非常に真面目で誠実、生徒の教育に一生懸命で生徒や父兄から慕われていたのだという。特に音楽教育に熱心で、時間があれば各学年クラスの音楽授業に顔を出して担任と一緒に教鞭をとっていた。ピアノが得意で人気アニメの主題歌を演奏して聞かせたり、小学校の校歌を作曲したりしてきた。

「それがなぜ覚せい剤を、こんな重大な事件を起こしたのか、全くもって信じられません」

と教育委員会の担当者は首を傾げた。

   校長の覚せい剤所持が発覚したのは、高知県で覚せい剤所持の男が逮捕されたためだ。高知署は5月8日に校長と接触したが校長は所持を認めず、翌9日に出頭を命じたところ、バッグの中に20回使用分の覚せい剤と数本の注射器が見つかり、校長は所持を認めた。

   5月11日からワイドショーはこのニュースでもちきりとなり、

「芸術家だから、行き詰まりのようなものがあったのではないか」
「3年前に突然坊主刈りになり、頬がこけてビックリした」
「卒業生のような人を学校に呼んで、僕たちに覚せい剤について教えたりしたんですよ。危ない、とか言って」

などといった保護者や生徒のインタビューを放送した。

   このところ、教職員の覚せい剤所持・使用が増えていて逮捕者が相次いでいる。

20代、30代は年々減っているが、40代、50代は増える

   例えば13年2月にはインターネットで知り合ったさいたま市の小学校教諭ら教師2人を含む4人、45歳、47歳、43歳、39歳が覚せい剤を使った宴会を開いたとして逮捕された。同年9月には立教大社会学部教授(55)が覚せい剤使用の疑いで逮捕された。14年4月には小樽市立桜小学校教諭(38)が自宅で覚せい剤を使ったり、駐車場に止めた車の中に大麻約3グラムを所持していたりして逮捕され懲戒免職となった。報道によればいずれも真面目で熱心な教員だったという。そしてなぜか、年齢が40代、50代が多いのだ。

   テレビ朝日系「ワイドスクランブル」(14年5月12日放送)では、今回の春日市小学校校長の覚せい剤事件に関連し「中高年に蔓延する覚せい剤問題」の特集を組んだ。警視庁の「平成25年の薬物・銃器情勢」調査を用いて、20代、30代の覚せい剤使用は年々減っているが、40代、50代は増えていて、特に50代が目立って増えていると紹介した。コメンテーターの元厚労省麻薬取締官・牧野由紀子さんは、覚せい剤は一般の人がいきなり手を出すことは不可能であり、きっかけとしては歓楽的な場所に出入りしたり、覚せい剤を所持している人が身近にいるような場合に誘惑に引っかかる、と説明した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中