ドランク鈴木「炎上商法」、ついに大失敗 「ボコボコにされた」嘘ツイートに心配の声ばかり

印刷

   お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓さん(38)といえばテレビでのふるまいや「ツイッター」での発言に対し批判が殺到し、「炎上芸人」とまでいわれている。自らも「次回の炎上で会いましょう!」などと発言をしてきたが、今回は失敗だった。

   鈴木さんは2014年5月13日にツイッターで、「修学旅行中の中学生に囲まれボコボコにされた」と明かした後に、実は怪我も傷もない、と明かし、事実上「嘘」をついたことを認めた。しかし「批判殺到」は起きず、「怪我がなくてよかった」といった声が多かった。

「しかしカワイイ中学生たちでした」

   鈴木さんは5月13日昼ごろに、

「外でロケをしていたら修学旅行の中学生達に取り囲まれ押されたり殴られたり蹴っ飛ばされたりした。ボコボコNOW」

とつぶやいた。ネットでは一瞬、鈴木さんの身に危険が及んだとして緊張が走った。間もなく、「しかしカワイイ中学生たちでした」とツイートし、自分に暴力をふるった中学生を庇う自分の好感度が上がってほしい、などとおどけて見せた。

   鈴木さんのツイッターのコメント欄には、

「それは通報していいレベルですよ」
「鈴木さんだいじょぶですかひどい、ほんとにひどい」

といった心配の声が挙がった。中学生に暴行されたとのツイートがネットのニュースになると、鈴木さんは、

「ボコボコNOWとツイートしましたが暴行とかそんな大きな話ではないです。軽くい感じで殴られたり蹴られた程度です。なにも怪我や傷はありません」

と弁解した。つまりボコボコにされたというのは「嘘」だったということだ。一連の発言はこれまでのように「炎上」を仕掛け、注目を集めたいという思惑があったのかもしれない。

   鈴木さんは「炎上芸人」「炎上商法」と呼ばれ、何度もテレビでの振る舞いや「ツイッター」での発言で批判が殺到する事態が起きてきた。本人は炎上を意に介さないだけでなく、楽しんでいる節もあった。

「それではまた次回の炎上で会いましょう!」

   2013年10月にフジテレビで放送されたドッキリ番組「アバケン」では、相方の塚地武雅さんの秘密を後輩たちにばらしたにもかかわらず「言ってない」と嘘をついたとして、「人間として最低だ!」などと批判が殺到した。しかし、

「そろそろ季節的に寒くなってくたから炎上でもして暖まろう!」

などと返し、「炎上」がネットニュースで大きく取り上げられると、

「やりましたよ! 皆さんの努力が報われました。Twitter炎上でYahooニュースにのることができました」
「それではまた次回の炎上で会いましょう!」

とツイートしてさらに「炎上」を大きくした。

   13年12月29日放送のTBS系「超人気芸人 ガチで大ゲンカ祭2013」では、相方が「鈴木のネット炎上は自作自演」と暴露し、鈴木さんはそれを認めている。14年1月24日深夜には、成人式で塚地さんが横浜で泥酔した若者に絡まれていたと報告し、

「俺は『なんとかしないといけない!』と思い絡まれている相方の脇をすり抜けロケバスに逃げた。すまん相方よ。」

と「見殺し」にしたことを明かした。これでも批判が殺到することになった。

   さて、今回の中学生にボコボコにされたというツイートも、「炎上」狙いだったようだが、なぜか空振りに終わったようだ。「嘘をつくな!」などといった批判はあまり見当たらず、

「無理はなさらないで下さいね」
「学生達のストレス発散を手伝ったんですね。素敵です。メガネが壊れてないかだけが心配です」

など、ほっとしたという内容のリプライが届いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中