ダルビッシュ「無安打無得点」あと1人じゃなかった 「失策を安打に訂正」の後味の悪さ

印刷

   ノーヒットノーランをあとアウト1つで逃したことで大きな話題になったレンジャースのダルビッシュ有。ところが、とっくに記録は失っていた、と大リーグ機構が訂正する珍事が起きた。

   その試合以来の登板では敗戦投手。今季は不運がつきまとっている?

最後の打者がアウトだったら記録訂正なしだったか

「あと1人で記録を逃す新記録を作るか」

   ダルビッシュがこのコメントを発したのは2014年5月9日のレッドソックス戦の試合後。9回二死まで失策1、四球2の走者を出しただけだったが、ここでオルティーズに安打され、ノーヒットノーランの夢は消えた。

   昨年もアストロズ戦で27人目に安打を許し、パーフェクトゲームの大記録を逃していた。それだけに今年はなおさら話題になった。

   ところが…。そのレッドソックス戦のダルビッシュの投球に訂正が発表された。

「失策を安打と訂正する」

   その場面は7回二死からのオルティーズの当たり。二塁手と右翼手の間に落ちた飛球を野手が触れなかったにもかかわらず「右翼手が捕れる打球」として公式記録は「失策」。試合後、オルティーズが「あれは野手が触れていないのだからヒットだ」と抗議。それを受け入れ、14日に「安打」と変えた。

   ダルビッシュのノーヒットは6回二死までとなったのである。最後の緊張した場面、試合後の騒ぎはいったいなんだったのか。

   最後のオルティーズがアウトになっていたら、おそらく訂正はなかっただろう。どうせ記録は成らなかったし、安打が1本増えても影響はないということなのだが、かなりのご都合主義ではある。

開幕投手「ドタキャン」が不運の始まり?

   そのダルビッシュ、くだんの試合のあと、16日のブルージェイズ戦に先発。この日も順調に相手を抑えていたのだが、味方打線も打てない。7回まで両軍ともに無得点の投手戦となった。

   8回表、ブルージェイズは先頭から連続バント安打を決めてチャンスを作った。一死一、三塁となったところでダルビッシュは右翼線に長打を浴び2点を失い、好投もむなしく2敗目を喫した。

「(タイムリーは)いい球だったけど、いい感じで打たれた。目の前の打者に集中して投げた」

   試合後はいつものように淡々として振り返った。しかし、勝ちゲームに勝てないというのは投手にとってつらい。

   思えば、今シーズンのダルビッシュは運がないようだ。オープン戦の終盤、ワシントン監督から「開幕投手はダルビッシュ」とエースの座を与えられたのだが、首を捻挫して開幕戦はなし。来年の開幕戦に投げられるかどうか分からないだけに、数少ないチャンスを逸したのは痛い。次が例のノーヒットノーラン成るかで盛り上がりながら果たせなかった試合。しかも訂正付きという白けた結果だ。勝ち星が伸びず、順調なヤンキースの田中将大と対照的である。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中