「美味しんぼ」問題で編集部が見解 小学館

印刷

   週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)は2014年5月19日に発売された6月2日号で、東京電力福島第1原発事故に関する描写が問題になっていた人気漫画「美味しんぼ」に関する特集記事を10ページにわたって掲載した。記事では、有識者13人の意見や自治体からの抗議文を紹介している。「編集部の見解」では、

「『福島産』であることを理由に検査で安全とされた食材を買ってもらえない風評被害を、小誌で繰り返し批判してきた(原作者の)雁屋氏にしか、この声は上げられないだろうと思い、掲載すべきと考えました」

と掲載の経緯を説明した上で、

「様々なご意見が、私たちの未来を見定めるための穏当な議論へとつながる一助となることを切に願います」

と結んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中