ASKA作詞曲が「薬物中毒を暗示している」!? ミヤネ屋の特集に視聴者「無理矢理すぎ!」

印刷

   CHAGE and ASKA(チャゲアス)のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚醒剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕されてからはや3日が経ったが、世間ではまだまだショックが尾を引いている。

   各テレビ局の情報番組でもこぞってこの事件を取り上げているが、日本テレビ系「ミヤネ屋」の特集が悪評を呼んでいる。ASKA容疑者が作詞した曲に薬物中毒を暗示させるような歌詞がある、というのだが、視聴者から「こじつけだろ!」と突っ込まれているのだ。

「運び屋の白い粉袋の秘密」「口の中に薬を撃ち込まれた気分」

   2014年5月19日放送の「ミヤネ屋」は、オープニングから大々的にASKA容疑者を取り上げた。

   「ASKA容疑者が過去に持っていた薬との思わぬ接点」について、「ミヤネ屋は、ASKA容疑者が作詞した曲の中にヒントを見つけた!」として、過去にASKA容疑者が作詞した曲の歌詞をいくつか紹介した。

   1993年に発売した大ヒットシングル「YAH YAH YAH」に収録されていた曲「夢の番人」の「運び屋の白い粉袋の秘密」、96年発売のアルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON』に収録された「港に潜んだ潜水艇」の「口の中に薬を撃ち込まれた気分さ」という部分を取り上げ、「不穏な単語を歌詞に織り込んでいくASKA容疑者。一体何があったのか?」と意味深なナレーションが入った。

   ASKA容疑者はチャゲアスのデビューから10年経った1989年に英ロンドンへ渡り、93年に帰国した。ミヤネ屋では「音楽性に悩んでの行動」といった説明だった。96年に発売した自叙伝「インタビュー」では、「ヤクザの友達がいる」と告白、その友人が覚醒剤中毒で入院したとも書かれている。

   98年発売のASKAさんのソロアルバム「kicks」に収録された「Kicks Street」の「今夜もクスリを射ち込んだ 若者がいる」という歌詞も紹介し、「悩み苦しんだ時期こそが、ASKA容疑者の心が闇に取り込まれてしまうきっかけとなったのだろうか」と締めた。

「B'zは何度フラれたんだよ」「ラルクは何度も死んでる」視聴者ツッコミ

   力の入った特集だったが、視聴者からは不評だったようだ。

   ツイッターを見てみると、

「歌詞にクスリ関係のこと入ってるからってそっからASKAが…とか無理がありすぎやしないかい…」
「過去の曲からクスリにまつわる歌詞だけ抜き出して、今回に結びつけようとするなんて強引すぎないか?」
「シャブに関係するような歌詞を取り上げまくってるけど、繋げ方無理矢理すぎるw」

など、否定的な意見が相次いでいる。

   「作詞者自身の経験が歌詞に表れるならB'zの稲葉浩志は何度女にフラれたんだよ」「アリプロ(ALI PROJECT)とリンホラ(Linked Horizon)は何人殺したり死んだり、埋めたり減らしたり増やしたりしたんだろう」「ラルクに至っては何度も死んでる」と、他のアーティストの歌詞も深読みしたらキリがない、という指摘もあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中