山P「深夜番組」で初対面外国人女性とキス 流暢な英語、「甘いセリフ」で迫る

印刷

   「山P」の愛称で人気の歌手・俳優の山下智久さんが、日曜深夜に放送されている番組で英語を披露している。語学を学ぶ内容ではなく、外国人女性を相手に30分間英語でコミュニケーションをとり続けるものだ。

   山下さんの会話力は見ものだが、内容もちょっと驚きだ。第1回の放送では、初対面の女性とキスをするというミッションが与えられた。

「年取って見えるか」と尋ねられ「いい意味で」と切り返す

   山下さんの番組「大人のKISS英語」(フジテレビ系)では、セットで組まれた「部屋」に外国人女性が訪れ、全編英語でやり取りをする。収録前に、どんな相手が来るのか、何をするのかは一切知らされていないそうだ。

   初回はオーストラリア出身の女性がやってくる。山下さんは戸惑いながらも招き入れるが、何を話したらいいのか分からない様子だ。徐々に「何歳なの」「桜見た」「何か飲みたい」と英語で話しかける。たどたどしさはない。

   すると唐突に、部屋に置かれているテレビに映像が流れ始めた。初対面の複数のカップルがキスをするという、米ファッションブランドが製作した話題の内容だ。眺めていた2人だが、見終わると今度は画面上に「キスしてください」と促す「指示」が出た。しばし表情が固まる山下さん。しばらく時間を置いた後に決行しなければならない。

   出会って10分で出されたトンデモ指令。山下さんは英語を駆使して、女性との距離を縮めようと試みる。一緒にゲームをしたり、日豪の文化の違いを尋ねたり、飲み物を注ぎながら「デートしているみたい」と話しかけたりする。英会話にも慣れたものだ。女性に「大人びている」と伝えると、「もっと年を取っているように見える」と質問された。答え方によってはネガティブにとらえられかねない。そこで「いい意味で(年上に見える)」と切り返したのだ。また女性が、「多文化の」を意味する「multicultural」という単語を口にすると、最初は分からなかったようで聞き返し、習得していた。会話はスムーズに運び、物おじする様子はなかった。

   ついに「キス指令」が出ると、意を決したように「今日出会えったのは奇跡なんだよ」と甘いセリフを英語で言いつつ、最後は男らしく「キスしていい」。見事にミッションを達成してみせた。

   都内の私立大学で英語を教える教員に聞くと、山下さんの英会話力を評価した。注文をつけたのは、女性に会って間もなく年齢を聞いた個所。「欧米では子ども以外には絶対に聞いてはいけない、タブーの質問」だからだ。とは言え、「現時点でこのぐらい話せるなら、本格的に磨きをかければハリウッド進出も夢ではないのでは」と話す。

ハリウッド映画出演目指して英語レッスン受けていた

   実際に山下さんは、ハリウッドデビューを夢見ているようだ。2012年10月20日付のサンケイスポーツのインタビューでは、目指すところはハリウッド映画だと即答している。その時点で、英語のレッスンに1年ほど力をいれていたようで、「楽しいですね、難しいから。1単語ずつ新しいことを覚えていくのが楽しい」と手ごたえを語っていた。

   2012年には、自ら車のハンドルを握って米国を横断する番組企画にチャレンジしている。シカゴからロサンゼルスまで走行距離3800キロ、山下さんは出発地点のシカゴで自らピックアップトラックをレンタルし、レストランで食事を注文し、寄り道をしながらその土地の人と触れ合いながら西を目指した。この旅でも山下さんの英語力が生かされた。ただ、やや複雑な会話内容になると番組スタッフの力を借りて英語に訳してもらっていた。

   米国横断から2年、今では番組内で初対面の女性をキスに導けるほどに語学力は「上達」したようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中