【カス丸が来る!】
ついにカス丸がリアルの地に降り立った―。 音楽イベント「フェスボルタ」全力レポ(1)

印刷

   「(無名のくせに)雑誌デビュー」「(無名のくせに)表紙デビュー」など、度々知名度に見合わない大きい仕事をいただいていた、J-CASTニュースのオリジナルキャラクター・カス丸。

   そのカス丸が今度は「(無名のくせに)音楽フェスデビュー」してきたぞ!「ネットメディアのキャラクター」と「フェス」、一見相容れなさそうな二者がどんな化学反応を起こしたのか、2本立てで全力レポートをお届けする!

掟ポルシェやジョニー大蔵大臣と共演!?

   カス丸が参戦したのは、2014年5月24日、「西荻窪Flat」(東京・杉並区)で開催された「フェスボルタ2014 アーリーサマー」だ。

   人気サブカルチャー系雑誌「TV Bros.(テレビブロス)」で連載されている、ジョン・ヒロボルタさんの4コマ漫画「レスラーパンダ」に3月15日号でカス丸が登場したよしみでジェイ・キャストに来社いただき、

「定期的にイベントもやってるから来ちゃいなよ!」

とお声掛けいただいたのがきっかけだった。

   とは言え超絶ネット弁慶なカス丸、リアルでのコミュニケーションが大の苦手だ。

「じゃ、じゃあ、取材でお邪魔しよっきゃすかな~?」

と弱気な返事をしたところ、4月26日号の「ブロス」で何と「出演者」としてカス丸の名が連ねられていたのだ。

   しかも同じページには掟ポルシェさんやパンクバンド「水中、それは苦しい」のジョニー大蔵大臣さんなど、ブロス読者にはおなじみの有名人ばかり。ツイッターでは強気な発言ばかりのカス丸、戦々恐々とした気持ちで当日を迎えたのであった…。

カス丸が演奏スペースに乱入する一幕も

   おっかなびっくりで入場したカス丸の前に、お世話になっているジョンさんが登場!

コスプレで登場したジョン・ヒロボルタさん
コスプレで登場したジョン・ヒロボルタさん
「ハ、ハ●オ先生…!?」

   某有名映画監督のコスプレで現れたジョンさんの姿にすっかり緊張はほぐれ、瓶ビールをあおりながら撮影の準備などをしていると、いよいよイベントが開幕した。

【1組目 ハービバノンノンズ】

news205788_pho02.jpg

   実はこの「フェスボルタ」、ブロス読者のキネボルタさんが、ジョンさんが誌面で公開している電話番号に電話したことがきっかけで始まったイベント。「ハービバノンノンズ」は、そのキネボルタさんがボーカルを務める「温泉系旅情ロックバンド」だ。

キネボルタさん
キネボルタさん

   先日行われたイベントに出演した際はCDが6枚売れたそうだが、この日パフォーマンスを見た観客からは「CDで聞くよりいいぞ!」との声も上がっていた。

【2組目 ラッキーハノイ】

   「ベトナムを代表するアーティスト集団」のコピーにふさわしく、ベトナムから来た女性ボーカル、ジャンさんの癒しの歌声と、DJジャッキーさんの格好良すぎるテクニックに酔いしれた。

   イベント後半に「2度目の登場」をした際には、何とJ-CASTニュース編集部Mが当日慌てて作って持参した「カス丸紙袋」をかぶっていただいた!

はしゃぎ過ぎてブレていない写真が1枚もなかった
はしゃぎ過ぎてブレていない写真が1枚もなかった

   さらに図々しくもカス丸が演奏スペースにしゃしゃり出て、メンバーの皆さんと踊ってみせ、嬉しいことに会場は大いに盛り上がった。

【3組目 KEBAB RIDERS】

news205788_pho05.jpg

   ブロス読者のゆめたむボルタさんを中心に、「ビートルズ好きサークル」で結成したというバンド。

   ドラム&ボーカル担当の鳥居さんが、好きな女性ができたことをきっかけに前歯をホワイトニングしたが、女性に彼氏がいたことが発覚した、という切ないエピソードをもとにゆめたむボルタさんが作ったという曲では、哀愁漂うロックサウンドを聞かせてくれた。

【4組目 ランランランズ】

news205788_pho06.jpg

   キネボルタさんが「今年ブレイクしそうなアーティストに出てもらいたい」との気持ちでオファーしたという。

   最高のパフォーマンスはもちろん、バナナをテーマにした曲では観客にバナナを配布。みんなの心をわしづかみにしていた。

2本目に続きます)

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中