グダグダ登山で「エセ山ガール」と批判された元人気ホステス、過去にも同じ山に登っていた

印刷

   2014年5月26日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演した六本木高級クラブ元No.1ホステスのタレント、神室舞衣さん(29)がインターネット上で批判を受けている。

   自称「山ガール」として登場したのだが、その行動があまりにも「山をなめている」として山好きの怒りを買ってしまったらしい。

場所や登山口分からず当日は失敗続き

本当に山ガールだった神室舞衣さん(画像は2013年9月のツイートのスクリーンショット)
本当に山ガールだった神室舞衣さん(画像は2013年9月のツイートのスクリーンショット)

   26日放送回は「山なんかに登って本当に幸せなのかSP」と題し、「男」よりも「山」を愛するという2人の女性を取り上げた。その一人として登場した神室さんは、以前から「山ガールになります」「富士山のぼる日決まった」などとツイートしていたこともあって、山に登る1週間前から密着取材を受けることとなった。

   しかし、情報収集のために立ち寄った漫画喫茶ではパソコンで「登山 上級者」と検索したり、もう一度登りたい山を聞かれると「7個目です。他には2個目の山がお気に入りでした」と答えたりと、知識のなさが浮き彫りに。さらに、坂道を歩いている時には「こういう傾斜がある道好きですよ。山をちょっとでも感じられるじゃないですか」と話すなどして、スタッフを終始苦笑させていた。

   結局、一度もトレーニングすることなく登山当日となってしまったのだが、自身で決めたはずの山の場所を把握しておらず出発が遅れ、周辺に着いたら今度は登山口が分からずスタッフに尋ねる始末。やっと登ったと思ったら、実際は登る予定だった「川乗山」(標高1363メートル)ではない別の山だったことが発覚するなど、散々なものだった。

   スタッフと険悪なムードにもなったことも乗り越え、最終的には川乗山の登頂に成功。だがVTR中はスタジオから「山好きじゃないだろ!」などとツッコミが相次ぎ、本格的な山ガールだったもう一人の女性との対照的な姿が笑いを誘っていた。

去年も登頂「いやー、もうね、さいこう!」

   これを受けインターネット上では、

「その場限りの取り繕いにしても、トレーニングくらいはした方がいいですよ」
「ふざけるな あれが山好き?本当の山好きなめんじゃねぇ!!」
「山登らない方がいいよ。近いうちに人に迷惑かける事になるよ」
「登山道から全く違う道歩くって北海道の山なら死亡フラグやで」
「神室舞衣って女、どう考えてもこれが初登山でしょ(笑)」

などと、「山好き」からの厳しい意見が多く寄せられていた。

   しかし、今回の番組はあくまで「ネタ」だったという見方が濃厚だ。そもそも登山ロケには山岳ガイドが同行しているとのテロップが入っていて、山を間違えたというのがどこまで本当かは分からない。

   また、放送では触れられることはなかったが、実は神室さん、1年前にも同じ「川乗山」に登っていたのだ。2013年9月のツイッター投稿をみてみると「昨日は奥多摩の方で登山しました」として、川乗山の標高が書かれた看板とともに写る神室さんの写真が掲載されている。

   ツイッターに「ボロボロで化粧すらしてなくボサボサでくちゃくちゃなのに気にならない笑」と書いているとおり、写真に写る神室さんは首からタオルを下げ、化粧っ気もない。番組で最新山ガールファッションに身を包み、化粧もばっちりで臨んでいたのとは大違いだ。また、「いやー、もうね、さいこう!笑 登りは3時間くらいかかって辛かったけど嫌な辛さじゃないのが素晴らしい」との感想を綴っており、楽しんでいる様子がうかがえる。どうやらプライベートでは本物の「山ガール」だったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中