使っていたiPhoneが突然ロック 解除に「身代金」求める不気味な事件 

印刷

   米アップルのiPhoneやiPadを使用する人々の間で、奇妙なハッキング被害にあったという報告が相次いでいると、海外メディアが報じた。

   普段通り利用していた端末が突然ロックされ、解除するには金銭を払うよう要求するメッセージが表示されるという。

「Find My iPhone」機能を悪用か

iPhoneが突然ロック
iPhoneが突然ロック

   オーストラリアのSydney Morning Herald紙が2014年5月27日に報じた内容によると、シドニー在住のiPhoneユーザーの女性は早朝に、端末が大きく鳴る音で目を覚ました。画面には「Oleg Pliss」を名乗る人物によってハックされたというメッセージが表示され、端末はロックされて操作できない状態に陥っていた。ロックを解除するには、50ドルを指定のペイパル口座に振り込むよう要求する言葉が現れたという。

   アップルのサポートフォーラムにも、「私のデバイスがハックされた。どうしたらいい?」という同様のハッキング被害の書きこみがあった。投稿者の「veritylikestea」はiPadを使用していたところ、突然ロック状態になったと相談している。「Oleg Pliss」がハッキングしたと伝えるメッセージが出て、100ドルまたは100ユーロをペイパル口座に送金するよう求められた。「veritylikestea」に対して、同じようなハッキングされたという報告が複数あり、オーストラリアに住むユーザーの被害が多いようだ。

   ハッキングの手口は紛失したiPhoneを探す「Find My iPhone」機能を悪用したものと見られている。同機能はiCloudからログインして現在地を地図上に表示できるほか、不正利用防止のためロックしたり、拾い主宛てにメッセージを表示したりできる。IDやパスワードが流出して不正ログインが行われた場合、基本機能を悪用して上記の手口を難なく再現できるという。

   この件が報じられると日本のネットでは、

「なんか不気味」
「怖いよね。なんか対策しないとだな…」
「うわこれヤバい。悪意のある人物に端末ロックされて身代金要求されるとか」

   と心配するツイートが多数あった。

指定のペイパルのアカウントは「存在しない」

   The Age紙は一般的に多くのユーザーの複数のサービスでパスワードを使いまわしていることから、攻撃を受けやすい状態にあったと推測している。ただし、不思議なことにハッカーが振り込み先として示したペイパルのアカウントは「存在しない」と同紙の取材にペイパル担当者は答えていて、ハッキングの目的は不明だ。

   強制的にロック状態にされたユーザーのうち、パスコードロックを設定していた端末はロックを解除することができたが、設定していなかったユーザーはデータをリセットすることで対応している。同様の被害にあわないためにはパスワードの使いまわしをやめて、アップルIDの2段階認証の設定も推奨されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中