アンガ田中、永遠のアイドル「南野陽子」口説こうとしていた 深夜のお誘いメールを本人に暴露される

印刷

   「アンガールズ」の田中卓志さん(38)が、80年代にトップアイドルとして活躍した南野陽子さん(46)を「落とそうとしていた」ことが発覚した。

   2014年5月29日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、VTR中に登場した南野さんが深夜に呼び出されたというエピソードを明かすと、スタジオにいた田中さんは「下心」があったことを打ち明けた。

「おぎやはぎさんと一緒にいるから今から出てこい」

   南野さんは「薬丸と行くぜ!なつかし青春トラベラー」というコーナーにゲストとして出演し、薬丸裕英さん、アンガールズの山根良顕さんとともに思い出の地をめぐり、アイドル時代のさまざまなエピソードを語った。

   「呼び出し」の話が出たのは、南野さんが登場した直後のことだ。冒頭で、薬丸さんから山根さんと面識があるかを尋ねられた南野さんは、すかさず山根さんに「許さんぜよ!」と、自身の代表作「スケバン刑事」でおなじみの決め台詞を放ち、怒ってみせた。

   なんでも南野さんは、以前アンガールズの2人と一緒に仕事をした際に連絡先を交換したのだが、その後連絡が一向に来なかったという。やっと連絡がきたと思ったら「夜中の2時くらいに『おぎやはぎさんと一緒にいるから今から出てこい』みたいな…」。芸能界の先輩、年上の女性を誘うにしてはかなり失礼な呼び出し方だったようだ。

   ところが、これを聞いた山根さんは身に覚えがないようで、「どっちかというと、おぎやはぎさんと仲良いのってうちの相方なんですよ。僕ですか?」と確認すると、実は田中さんによるものだったことが判明。南野さんは「田中さん、許さんぜよ!」と、怒りの矛先をスタジオの田中さんに向けた。

「誰も飲む人いなかったから」「別に悪い事じゃない」

   スタジオでは、田中さんがニヤニヤしながらメールを送ったことを認めた。司会の後藤輝基さんに理由を聞かれると、

「夜中2時に誰も飲む人いなかったから。別にその頃は南野さん結婚してないし、ちょっと呼び出そうと思って」
「だってそれぐらいいいでしょ。夜中にさ、ちょっとみんなで独身でさ、飲むのなんて別に何にも悪いことじゃない」

などといい、取り立てて問題視するようなことではないことを強調した。

   だが、後藤さんから「脈あるんちゃうかなとか思ってたん?」と尋ねられると、田中さんは笑いながら「いやまあ、落とそうと思ってましたけど」と即答し、南野さんへの下心があったことを認めた。とはいえ、南野さんは2011年3月にインターネット関連会社を経営する男性と結婚しており、このエピソードは3年以上前の話のようだ。

   188cmという高身長、広島大学卒の高学歴、「いじられ役」としてみんなから好かれている田中さんだが、恋愛面では「非モテキャラ」のイメージがすっかり定着している。テレビ出演時や芸人仲間のラジオ番組でも、田中さんが「モテない理由」が議論されることがあるほどだ。

   2013年に山根さんが結婚した際には、「俺も、いつか結婚したい!出来るなら、南海キャンディーズの山ちゃんよりは早く結婚したい。あいつに負けたら終わりだ!」などとブログに語り、結婚への意欲をみせていたものの、ファンの間では年々薄くなっていく頭髪が心配されている。5月には、髪の毛を金色、ピンク色に染めたことから「余計ハゲるよ」「頭髪には相当なダメージだろう」「完全に頭髪を捨てやがったな!」といった声も寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中