「忘れられる権利」判決受け、Googleが削除依頼フォーム開設

印刷

   ヨーロッパ司法裁判所でいわゆる「忘れられる権利」を認められた判決を受けて、米Googleは2014年5月29日、個人情報の削除を受け付ける専用フォームを欧州向けに設置した。

   国、氏名、連絡先メールアドレス、削除を希望するリンクなどの情報を入れて、身分証明書のコピーなどを添付する。ウォールストリートジャーナルは、フォーム開設から数時間で1万2000件を超える削除依頼があったと報じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中