松山英樹、米ゴルフツアー初優勝 日本人最年少

印刷

   米オハイオ州で行われていた男子プロゴルフ「メモリアル・トーナメント」で、松山英樹選手は現地時間2014年6月1日の最終日に通算13アンダーで首位に並び、プレーオフの末に初優勝を飾った。

   松山選手は今季から米ツアーに参戦を果たしたばかり。日本人の米優勝は、青木功選手、丸山茂樹選手、今田竜二選手に次いで4人目の快挙で、22歳での優勝は日本人の中で最年少となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中