「4Kテレビ」に負けた「有機EL」は風前の灯 価格がネックで主要メーカー生産縮小、撤退へ

印刷

   消費増税の影響で、大手家電量販店の2014年4月の売上高は大きく減少した。それでも、予期していたほど大幅な落ち込みは免れたようだ。土俵際での食い止めに貢献した家電製品のひとつが、単価の高い「4Kテレビ」だ。

   今では液晶テレビの「次の世代」として家電量販店の売り場では主役を担う。一方で、後継争いに敗れた形なのが有機ELテレビと言えそうだ。

3Dやネット接続は今や標準装備

大手電機メーカーは4Kテレビを強くアピール
大手電機メーカーは4Kテレビを強くアピール

   東京都心の家電量販店。テレビの販売フロアでまず目に飛び込んでくるのは、大画面の4Kテレビだ。ソニーやパナソニック、東芝といった大手メーカーの主力品が、目立つ場所に設置されている。各社とも55型や65型といった大画面サイズの製品が占める。最新モデルの価格は、ばらつきはあるが、55型が45万円前後、65型になると65万円を超え、画面の大きさに比例して高額になっていく。ただし、1年前に発売されたいわゆる「型落ち」や「現品限り」になると、55型で20万円台も見られた。

   記者は複数の量販店に足を運んだが、売り場の主役は4Kで、ほかには液晶テレビが並ぶ程度だ。一時は話題をさらった「3Dテレビ」や、「スマートテレビ」をうたった商品の姿はない。実は3Dやインターネット接続といった機能は、最新の4Kテレビならほぼ標準搭載されているようだ。店員はリモコンを操作してネットに接続し、時には音声検索を使ってウェブサイトを立ち上げる様子を実演してくれた。単体としての3Dテレビは大ヒットしたとは言い難いが、機能自体は4Kテレビに取り込まれる形で生き残ったというわけだ。

   まだまだ高価な印象もあるが、売れ行きは好調だという。ある店では、1年前の価格は4Kがフルハイビジョンの2倍だったが、今ではその差が2~3割高程度に落ち着いてきたと明かした。多少割高に感じても、今後10年程度は使い続けると仮定すると、「どうせ買うなら」と4Kを選ぶ消費者が多いそうだ。

   4Kは高画質がセールスポイントだが、この点で重なってしまったのが有機ELテレビ。製品化は4Kより早く、ソニーが2007年に発売したのが世界最初となった。だが既に生産は終了しており、後継機種も出ていない。ソニーのウェブサイト上でも、4Kとは対照的に探すのにひと苦労だ。もちろん家電量販店では見当たらなかった。もはや存在そのものが忘れ去られた感すらある。

55型有機ELテレビの価格は最安値でも60万円

   国内外のメーカーの「有機ELテレビ離れ」をにおわせる報道も出ている。日本経済新聞電子版は2014年5月14日、パナソニックが有機ELディスプレーの量産を2015年度から2016年度以降に先送りすると報じた。合わせてソニーは開発を、韓国サムスン電子は投資を、それぞれ凍結すると伝えた。ソニーとパナソニックは2012年、テレビ用有機ELパネルの共同開発で合意したが、2013年12月には早くも提携を解消している。

   有機ELテレビにとって最も大きなハードルは、価格だ。日経新聞によると、製造コストの削減が難しく「現時点では55型で価格が100万円以上になる見込み」という。たとえ高精細な画質とはいえ、これでは4Kテレビとは勝負にならない。海外で販売されている有機ELテレビの価格を米アマゾン・ドット・コムで確認すると、韓国LG電子製の55型・2013年モデルが最も安く、5999ドル(約60万円)。ほかは日本円で66万円~86万円と、いずれも現在国内で販売されている同型の4Kテレビよりずいぶん高値となっている。

   スマートフォンのディスプレーや業務用といった小中型のパネルは需要が高い有機ELだが、テレビのような大型パネルにするには技術的に難しく、歩留まりが悪い。技術面や価格面の課題が今後解消すれば、再び各メーカーが大型化に積極的になるかもしれないが、逆にこのまま撤収する可能性もあるだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中