ANA、国際線規模で初めてJAL抜く 羽田の発着枠傾斜配分が影響

印刷

   全日空(ANA)が国際線の事業規模で日本航空(JAL)を初めて上回ったことが2014年6月2日、ANAが公表した運航実績の統計で明らかになった。航空業界では座席数と飛行距離(キロメートル)を掛けた「座席キロ」(ASK)と呼ばれる単位で事業規模を表すことが多い。JALの14年4月の国際線のASKは前月比3.0%減の38.4億座席キロだったが、ANAは10.7%増の40.5億座席キロだった。国土交通省が14年3月末に拡大した羽田空港の発着枠をJAL5に対してANA11と傾斜配分したのが原因。

   ただし、4月の国際線旅客数はJALの60万7000人に対してANAは55万1000人と、まだJALの方が多い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中