「ありがとう、そしてさようなら。憎しみで殺される」 声優が突然「病みブログ」更新で騒ぎに

印刷

   アニメ「はじめの一歩 Rising」や「セイクリッドセブン」に出演した声優の林沙織さんが投稿したブログが、ネット上で波紋を呼んでいる。

   「本当にありがとうございました そして、さようなら」など死を匂わせるような内容で、前に所属していた事務所を名指しで非難するような記述もあり、声優ファンからは「だいじょぶかこれ」「内容がヤバイ」など不安の声が上がった。

「天国から、皆の幸せを願って、祈っています」

問題のブログ(削除済み、一部修正)
問題のブログ(削除済み、一部修正)

   問題となっているのは、林さんが2014年6月3日に投稿した「たくさんのありがとう」というブログだ。

「今まで本当に幸せでした とてもとても、幸せでした 誰かを幸せにすることはできなかったかもしれないけれど、私は、幸せでした ××(編注:前の所属事務所、原文は実名表記)が私を殺す ××の人間に私は殺される でも、もう疲れた 頑張るの、疲れた 皆さん、本当にありがとうございました そして、さようなら。天国から、皆の幸せを願って、祈っています お父さん、お母さん、本吉、ごめんね でも私は十分生きたよ 幸せをたくさんくれてありがとう 憎しみで殺される私を、どうか許して お兄ちゃんと、赤ちゃんを大切にしてね 本吉ごめんね、大好きだったよ。こんなだて(原文ママ)な人間でごめんなさい さようなら、」

   林さんは前の所属事務所を13年12月末で退所し、フリーの期間を経て、14年4月14日から「アクセルワン」という事務所に所属している。

   このブログが、アクセルワンの所属声優のブログ更新情報を投稿するツイッターアカウントにツイートされると、一気に話題に。「林沙織のブログだいじょぶかこれ」「本当にブログの内容がヤバイ」「早く林沙織さんの所在を明らかにしないと、かなりまずいことになるよね」など、心配の声が上がった。

現所属事務所「無事は確認。危害は加えられていません」

   ブログは4時間ほどで削除されたが、内容がNAVERまとめや2ちゃんねるに転載、拡散され、心配の声はどんどん広がっていった。

   所属事務所のアクセルワンは6月3日夜、以下の文書を発表した。

「この度は、弊社所属声優 林沙織のブログにつきまして、ファンの皆様ならびに関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をお掛け致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。林沙織の無事は確認できております。本人は落ち着いてはいるのですが、まだ説明できる状態にない為、詳細が分かりましたら、改めてご報告させていただきます。なお誰かに危害を加えられたという事実はございませんので、ご安心ください」

   林さんは前事務所を辞めた後の14年1月5日のブログで

「大学を卒業して0からのスタートを切った××の養成所……そこから数えると、5年近く公私共にお世話になった事務所です。××の皆さんには、役者としても、人としても大切なことを沢山学ばせていただきました。今こうして私が立っていられるのも、××があったからです。言葉では言い尽くせないほどの想いがあります。お世話になった…そんな簡単な言葉ではとてもとても………。でも、そんな大切な場所を、私は卒業することに決めました」

などと書いていて、この文章からは辞める際にトラブルがあったなどとは読み取れない。

   今回問題になったブログを更新するまでに、何らかの問題が起こったのだろうか。前の所属事務所に問い合わせたところ、「ブログを知った時は、非常に驚いて困惑した」とした上で、「今はアクセルワン所属なので、弊社からは何とも申し上げられません。アクセルワンの対応が全てです」との回答だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中