「KARA」脱退ジヨン、日本で女優デビュー報道 「嬉しい!」「見たくない」日韓で反応分かれる

印刷

   「腰ふりダンス」や代表曲「ミスター」で日本でも一時大人気を博したK-POPグループ「KARA」だが、最近はあまり名前を聞かなくなってしまった。

   そんな中、契約満了を理由に2014年4月でグループを脱退していたジヨンさん(20)が、「日本で女優として復帰する」との報道が出た。日本のファンからは歓迎されているが、韓国では反発の声も上がっているようだ。

留学先のロンドンで芸能事務所社長に出会った

   ジヨンさんの復帰を報じたのは、14年6月10日発売の週刊誌「女性自身」だ。

   記事によると、ジヨンさんは語学と演技の勉強のため、KARA脱退後に訪れていたロンドンで、女優の黒木メイサさん、堀北真希さん、桐谷美玲さんらが所属する芸能事務所の女性社長と出会った。2人は意気投合し、ジヨンさんは家族に「この芸能事務所でやってみたい」と報告したという。

   日本のKARAファンらはネット上で、「本当ならばめちゃくちゃ嬉しいんだが」「今までの活動を通して、結論が『是非日本で!』っていうのはなんか嬉しいね」「ドラマとかバラエティとか全部見るよ!」など、早速喜びの声を上げている。

ジヨン父「勉強を終えた後、デビューするかどうか検討」

   一方、韓国のネットユーザーは「こんなことするために留学したの?」「あの子が出たら見ないわ」と冷ややかだ。

   ジヨンさんが所属していたKARAは、韓国内では「親日的」として嫌っている人も少なくないようだ。12年8月にソウルで行われた帰国会見で、記者から「竹島はどこの領土か?」と質問され、言葉を濁したことでバッシングされたこともある。

   報道が先走ることでまた批判が巻き起こることを恐れてか、ジヨンさんの父は「ジヨンが日本で女優としてデビューするというニュースは、日本の芸能関係者と偶然会い食事をしたのが全て」で、「勉強を終えた後、日本で女優としてデビューするかどうか検討することになるだろう」とコメントしたと、韓国の日刊紙「京郷新聞」オンライン版が14年6月11日に報じた。日本のファンは期待し過ぎずに待っていた方がよさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中