シンガポールの有名ホテルでは「フカヒレ」が食べられない 環境保護の一環、賛同の声が多数

印刷

   シンガポールを代表する大型リゾート施設「マリーナ・ベイ・サンズ」(MBS)が、敷地内のレストランでサメのひれの提供をとりやめることになった。

   親会社のリゾート会社の環境保護方針によるものだが、フカヒレは中華料理では代表的な高級素材のひとつ。シンガポールは世界有数のフカヒレ流通地で反発も予想されるが、意外に「すばらしい決定だ」といった声が多い。

親会社の環境保護方針に従って「環境への影響を減らす強い決意」

MBSの決定を支持する声が意外に多い
MBSの決定を支持する声が意外に多い

   MBSは2010年にオープンし、ホテル、ショッピングモール、カジノ、国際会議場といった施設を1か所にそろえた「統合型リゾート施設(IR)」として知られている。地上200メートルの屋上プールが目玉で、11年放送されたソフトバンクモバイルのCMでは、SMAPもロケをしている。カジノ誘致を目指す安倍晋三首相も14年5月に訪問したばかりだ。

   MBSの14年6月11日の発表によると、今回の決定は親会社の米ラスベガス・サンズ社が2013人10月に定めた環境保護方針に従ったもので、「環境への影響を減らす強い決意のあらわれ」だと説明している。

   発表文には、サメの保護活動を進めている「世界自然保護基金(WWF)」のシンガポール代表もコメントを寄せており、「サメは海洋生態系にとってきわめて重要で、サメの数は水産資源に直接的な影響がある」と指摘。今回の決定で、MBSが「企業の持続可能性という点で先見性とリーダーシップを示した」などと称賛した。

「どうしてフォアグラにも同様の対応をしないのか。はやくやめるべき」

   国連食糧農業機関(FAO)の報告書によると、香港とシンガポールがフカヒレの世界二大流通地だが、意外に現地での反発は少ないようだ。シンガポール最大の英字紙「ストレーツ・タイムズ」のフェイスブックのページでは、この話題を報じた記事に180以上のコメントがついている。かなり関心度は高いようだが、内容は、

「素晴らしい決定。他のレストランも後に続くべき」
「どうしてフォアグラにも同様の対応をしないのか。はやくやめるべきだ」

とMBSの方針に賛同するものが大半だ。

   シンガポールでは、MBS以外にも、シャングリラホテルなどいくつの高級ホテルが同様の方針を打ち出している。「シンガポールの高級ホテルではフカヒレスープが食べられなくなる」というのが既定路線になりつつあるようだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中