特攻隊遺書、記憶遺産候補漏れ ネット上では「当然だ」の声も

印刷

   鹿児島県南九州市が世界記憶遺産候補に申請していた知覧特攻隊員の遺書が、「日本からの視点のみ」などと指摘を受けて、選考から漏れた。ネット上では、それも当然だとの声が多いが、市では、2年後の再申請を目指すとしている。

   「イツデモオマヘタチヲ見テイル ヨクオカアサンノイヒツケヲマモッテ」。29歳の特攻隊員が子供たちに当てた手紙には、家族への思いがにじみ出ていた。

朝日の編集委員は「国外で読み継がれるべき」

   南九州市では、地元の知覧特攻平和会館に収蔵してある資料約1万4000点のうち、遺書や手紙などは約4000点ある。この中から、出所が明確で本人が書いたと特定できるもの333点を選んで、記憶遺産候補に申請していた。

   しかし、ユネスコ国内委員会の文化活動小委員会では2014年6月12日、隊員の遺書を候補外とすると発表した。委員長の河野俊行九州大大学院教授は会見で、その理由について、「日本からの視点のみが説明されており、より多様な視点から世界的な重要性を説明することが望まれる」などと説明した。南九州市の霜出勘平市長は、この日の会見で、「残念の一言に尽きる。我々の力が足りなかった」と肩を落とした。

   今回の申請については、中国や韓国は、特攻隊を美化するものだと当初から批判していた。これに対し、南九州市では、平和の大切さを世界に発信するのが目的だと説明していた。

   朝日新聞の山中季広特別編集委員も、8日のコラム「日曜に想う」で、遺書について「国外で読み継がれるにふさわしい」と擁護した。市の申請では、「神風」の表現を使わず、「大死一番」「七生轟沈」など決死の覚悟を示した遺筆も外すなど配慮したとして、中国や韓国の批判はおかしいと反論している。

「再申請に向けて検討していく」

   一方、南九州市では、J-CASTニュースの取材に対し、遺書の選定などの配慮はしていないと担当者が説明した。本人と特定できた遺書はすべて申請しており、その中には、「大死一番」「七生轟沈」といった遺筆も入っていたとした。また、「神風」は海軍で使っていた表現で、知覧特攻隊は陸軍なのでその表現は使わず、申請で「神風」の表現を省いたわけではないという。

「特攻隊の姿をありのままに伝えようと心掛けました。それによって、命の大切さを訴え、悲惨な戦争をなくすのが目的です。説明がおかしかったのか、うまく伝わっていなかった点は反省していますが、決して特攻隊を美化しているわけでもありません」

   とはいえ、ネット上では、ユネスコが候補外としたことを支持する声が少なくない。「自爆テロを遺産にできないのと同じ」「彼らを特攻に向かわせた者たちの責任を問うことのない『二度とあってはならない』という一般論では、世界で共感は生まれない」といった指摘が相次いでいる。「アウシュビッツのように負の遺産としてきっちりまとめればいけた思う」との声も出ていた。

   これに対し、南九州市では、「批判の声や負の遺産とすべきとの指摘については、今は何ともお答えできません。申請は、世界的な重要性があると考えて行いました。今後は、アドバイザーの方と協議しながら、再申請に向けて検討していきます」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中