「いいとも!」終了でタモリ自身も「タモロス」状態になっていた 「何していいやら」「誰も愚痴聞いてくれない」

印刷

   タレントのタモリさん(68)が2014年6月13日放送の「タモリのオールナイトニッポンGOLD」に出演した。

   32年にわたって司会を務めた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)が3月に幕を閉じて以降、初のラジオ出演となり、番組終了後の生活について語っていた。

朝からビールの生活も1週間で飽きた

   「いやー暇です」。開始早々、こう口にしたタモリさんは「日にちの感覚が全く分からず困っていますよ。起きる時間もまちまちでね」と悩みを打ち明けた。32年間、同じ生活リズムで過ごしてきただけに、その癖が抜けず、『あ、行かなくていいのか』と思った途端に、何していいやら分からず」といった状態だという。

   最初の頃は朝からビールを飲んで酔っ払うような日々を過ごしていたが、1週間で飽きてしまったそうだ。人と会う約束は入るものの曜日を間違えたことが3回あったといい、相手から「タモリさんが言っている曜日と日にちが合いません」と指摘された。「1か月、2か月経とうとしていますが、いまだにペースがつかみきれておりません」と、困惑している様子をうかがわせた。

   インターネット上では「いいとも!」終了を受け、タモリさんを昼に見ることができなくなることで喪失感や虚脱感が生まれることを「タモリロス症候群」(タモロス)と呼んでいたが、視聴者だけでなく、タモリさん自身もタモロス患者となっていたようだ。

   番組ではこの後、ゲストの辛坊治郎さん(58)の登場が控えていた。それでもタモリさんのトークはとどまることなく続き、15分ほど経つと「辛坊さんを入れないといけないですよね。申し訳ありません、この2か月くらい誰も愚痴を聞いてくれないし、こういう機会ないのでね」と、しゃべり倒してしまったことを詫びた。スタジオ入りするまでは何を喋ろうかと心配していたそうだが、どうやら相当「溜まっていた」らしい。

   最後には「あぁーすっきりした」と締め、6年ぶりの出演となった「オールナイトニッポンGOLD」を後にした。

いいとも!終わっても長期休みは難しい

   今後について触れることはなかったが、今のところは新たな仕事に目を向けていることはないようだ。6月5日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)では、ナインティナインの岡村隆史さん(43)が飲食店でタモリさんと偶然会った際の会話を紹介していた。

   岡村さんが「そろそろ、お仕事したいんちゃいます?」と聞いたところ、タモリさんは「全然したくない」と返答。「仕事のオファーもいっぱいあるでしょ?」と尋ねても「無いよ。無い。もう仕事はしたくない」との答えだったという。

   タモリさんは「いいとも!」終了後も「ミュージックステーション」「タモリ倶楽部」(ともにテレビ朝日系)のレギュラー番組を抱えているため、現在はそれらを中心とした仕事で満ち足りているのかもしれない。

   それでも、周囲からは引退したかのように扱われることもしばしばあるようで、ラジオの中でタモリさんは「他の番組もやってますから。(休みは)とれて4日とかくらいのもんですから。どうも勘違いされることが多いんですよ」と強調していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中