前半得点に「本田さんかっけー」の声あふれる 後半は失速、W杯日本代表黒星スタート 

印刷

   サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)で1次リーグC組の日本は2014年6月14日夜(日本時間同15日朝)、「アフリカ最強」とも称されるコートジボワールとの初戦に臨んだ。

   前半に本田圭佑選手のシュートで先制したものの、後半に立て続けに得点を許し、1-2で競り負けた。08年の南アフリカ大会に続く白星スタートはならなかった。

立て続けにヘディングシュート許す

   前半16分、長友佑都選手からのパスを受けた本田圭佑選手が左足で蹴り込み、ゴールキーパーはほとんど動けないままゴールが決まった。コートジボワールはヤヤ・トゥーレ選手を中心にゴールをせめたてたが、得点にはつながらなかった。

   事態が動いたのは後半19分。オーリエ選手が右サイドから右足でクロスボールを打ち、走り込んできたボニー選手がヘディングシュートを決めた。直後の後半21分にもオーリエ選手が同様にクロスボールを上げた。今度はジェルビーニョ選手が頭で合わせ、2点目を許した。その後も、後半17分に投入されたドログバ選手を中心にコートジボワールに主導権を握られたままで、逆転はならなかった。

「本田がいつものショぼい本田に…」

   本田選手は所属する伊ACミランでも不調なままシーズンを終え、何らかの持病が影響しているとの見方も出ていた。これに加えて、首の付け根部分に手術跡らしきものがあり、何らかの手術を受けていたとの臆測も相次いだ。

   テレビ番組のインタビューでの

「夢の中ではね、この4年間で200ゴールぐらい取ってるんですけどね」

といった強気の発言も波紋を広げていた。逆境の中で決めたシュートなだけに、ゴール直後には「本田▲(本田さんかっけー)」という賛辞のツイートがあふれた。だが、後半はボールを奪われる場面も目立ち、

「本田がいつものショぼい本田に…」

といった失望の声が相次いだ。

   日本は5大会連続5回目の出場で、3度目の決勝トーナメント進出を目指す。5月19日(日本時間20日)にギリシャ、24日日(同25日)にコロンビアと対戦予定。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中