「mixi」への不正アクセス26万件 5月以降攻撃続く

印刷

   ミクシィは2014年6月17日、同社が運営する交流サイト「mixi」で5月30日以降、26万件を超える不正アクセスがあったことを明らかにした。外部からの攻撃は現在も続いているという。

   不正アクセスは、ミクシィのサーバー攻撃によるものではなく、他社のサービスから流出または不正取得されたアカウント情報を流用した可能性が高いとする。これまでに課金やポイントの不正利用は確認されていない。ミクシィは、ログイン用のメールアドレスとパスワードの厳重な管理と、他社サービスと同一のパスワードを使用している場合は変更するよう呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中