℃-ute握手会で「帽子着用禁止」に反発の声 「ハゲにけんか売るのか」「おでこ広いからヤダ、もうヲタやめる」

印刷

   AKB48の握手会で傷害事件が起きて以降、他のアイドルのイベントにも中止・延期やルールの厳格化など、影響が及んでいる。

   ハロー!プロジェクト(ハロプロ)のアイドルグループ「℃-ute(キュート)」のイベントでも「帽子禁止」というルールが新設されたのだが、どうやら「帽子をかぶらないとメンバーに会いたくない」というファンがいるらしい。メンバーのブログには「帽子禁止ならヲタやめる!」とのコメントが書き込まれたと騒ぎになっている。

ブース内荷物持ち込み禁止、ポケット内の物全て出すとの指示も

   キュートは2014年4月から6月にかけて握手会を行っている最中だが、AKB握手会事件の後の5月30日から、会場で「ブース内荷物持ち込み禁止」「かばん、ポケットの中の物を全て出す」「腕時計、指輪、帽子の着用禁止」などの指示が出されるようになった。

   25枚目のシングル「The Power/悲しきヘブン(Single Version)」が14年7月16日に発売されることを記念し、8月から10月にかけて東京・大阪・愛知で開催される「個別握手会」「個別チェキ会」「グループチェキ会」では、公式サイトに掲載されたイベントの注意事項の1つに、「装飾品や帽子、マスク及びグッズ類を含む首下げ、着用もお断りさせて頂きます。(Tシャツ類の着用は可)」と既に記されている。

   これまで、頭髪の薄さを隠すために帽子をかぶって握手会など接触イベントに臨んでいたファンは少なくなかったようで、ネット上では新ルールに対し「ハゲ涙目」「ハゲに厳しいなおい!」「ハゲに喧嘩売ってんの?」などと書き込まれた。

「オデコは広いのに心は狭い」

   「帽子禁止令」が物議を醸す中、14年6月17日23時過ぎから、2ちゃんねるで「キュートのブログにこんなコメントがあった」として、以下の文章のスクリーンショット画像が拡散され始めた。

「舞美(メンバーの矢島舞美さん)、悲しいお知らせがありますー僕舞美と、お別れしますー理由は察してねーいっとくけど、ハゲてはないよーおでこめちゃくちゃ広くてさ、あんまり舞美に見せたくないのだ、だって舞美イケメン好きじゃん、個別でかぶっていいならー今回見せようと思ったんだけどさーなんか、絶対にかぶってはいけないみたいーもーさー、僕、これを機会におたそつするよー舞美と、別れるの、めちゃくちゃつらいし、悲しくて、涙止まりませんしーイベントだけ出なくて、コンサートとか、参加しようか悩んだけどさーやっぱり、ここは、さっと未練たちきって、オタク止めることにしましたーあの事務所鬼だねー帽子くらい、いいじゃんーこんなことで、舞美と別れるの、本当に悲しいー(後略)」

   この画像はツイッターにも広まり、「帽子禁止でヲタ卒とか推しに対しての愛はそれまでかよって思っちゃいます」「帽子禁止くらいで辞めるヲタはどうせ他の理由で辞めるよ」「オデコは広いのに心は狭い」などの感想が書き込まれた。

   握手会で「帽子禁止」となった14年5月30日以降の矢島さんのブログのコメント欄には該当のコメントは見当たらず、話題のコメントは既に削除されてしまったようだが、6月18日深夜2時頃には、同じユーザーが矢島さんのブログに「最後まで、迷惑かけっぱなしでごめんなさい」とのコメントを残している。

   ちなみに「握手会の服装に悩むおっさん」に様々なアドバイスをしているある個人ブログでは、14年4月に「頭髪が薄い人は帽子をかぶりましょう」とのエントリーを投稿している。「帽子をかぶると坊主よりオシャレで爽やかに見え、若い女の子と接する時に重要な清潔感が生まれる」というのが理由との説明だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中