渋谷交差点「厳戒態勢」でハイタッチなし 「集団で騒ぎ」も警官投入で解散

印刷

   平日の通勤時間帯と重なった、サッカーワールドカップ(W杯)の日本-ギリシャ戦。東京・渋谷駅前のスクランブル交差点周辺は、初戦で痴漢騒動が起きたこともあってかさらに厳しい警備体制が敷かれた。

   斜め横断を禁止し、道路を渡る際も警官が左右を「分断」して行きかうサポーター同士が「ハイタッチ」できない状態となった。日本代表が勝ちきれなかったこともあり、大騒ぎは起きなかった。

「ちょっとやり過ぎじゃないの」とぼやく声も

センター街入り口付近は一時大混雑(写真一部加工)
センター街入り口付近は一時大混雑(写真一部加工)

   試合終了から5分とたたないうちに、渋谷センター街には日本代表のユニホームをまとったサポーターの姿が増えてきた。近くの店で、ギリシャ戦の中継を観戦した人たちだ。午前9時を過ぎると、スクランブル交差点周辺は「サムライブルー」に染まっていった。

   初戦のコートジボワール戦後は許可された斜め横断は、この日は禁止。周辺は大勢の警官の姿があり、しきりに「ルールを守って横断してください」と呼びかける。信号が青に変わると、複数人の警官が黄色いテープを持って一斉に横断歩道を左右に分けるように並び、「行く人」と「来る人」の通り道を確保。スムーズな通行を促すと同時に、行き交う人たちがハイタッチできない状態となった。サポーターからは「ちょっとやり過ぎじゃないの」とぼやく声も聞こえたが、警察の徹底ガードの効果か、通行人の数がピークに達した時間帯も横断を妨げるような人は現れず、混乱は起きなかった。

   ちょっとした「騒ぎ」が起きたのは9時30分ごろ。センター街入り口付近に人だかりができた。W杯優勝トロフィーのレプリカや日の丸を掲げ、「ニッポンコール」を繰り返す一団が現れたのだ。サポーターも足を止め、一部の人たちは腕を振り上げて「参戦」。一時は身動きができないほどの人だかりとなった。

「通行の邪魔になります」と集団を排除

大勢の警官登場で騒ぎは収まった
大勢の警官登場で騒ぎは収まった

   しかし、数分もたたないうちに20人ほどの警官がやってくると、メガホンで「通行の邪魔になります。立ち止まらないでください」と警告し、排除に乗り出した。それでも一部で「ニッポンコール」は続いたが、数分もすると集団は「解散」。多くの警官がそのまま残り、再び騒ぎが起きるのを防いだ。

   試合終了から1時間ほどで、ユニホーム姿はかなり少なくなった。地下鉄の駅の屋根に上るような「大暴れ」や痴漢騒動はなかったようだ。

   周りからは「(日本が)W杯出場を決めたときはあんなにうれしかったのに…」という嘆き節が聞こえてきた。確かにこの日の引き分けで、日本代表は決勝トーナメント出場に可能性は残したものの、極めて厳しくなった。「勝って大喜び」でも「負けてヤケクソ」でもなく、「スコアレスドロー」となって、サポーターも気持ちをどこに持っていけばいいのか、分からなかったのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中