「家庭用ロボット」に再び注目 低価格化で一家に一台の時代へ

印刷

   小型ペット型ロボットのブームが終了してから鳴りを潜めていた「家庭用ロボット」が、再び脚光を浴びている。

   ソフトバンクが人間の感情を読み取ってコミュニケーションをする人型ロボットを発表したほか、玩具メーカーなども新製品を次々に投入する予定だ。

「ロボットによる『新たな産業革命』」

ソフトバンクのロボット「pepper」
ソフトバンクのロボット「pepper」

   家庭用ロボットといえば、かつてはソニーが挑んだ分野だった。1999年に発売した犬型ロボット「AIBO」シリーズは世界で15万台以上を売り上げたが、エレクトロニクス事業の不振のあおりを受けて、ロボット事業から撤退。人型ロボット「QRIO(キュリオ)」の新規開発も終了した。

   その後2000年にホンダが世界初の本格的二足歩行ロボットとして「ASIMO」を発表するなど、ロボット自体の研究開発は進んでいたものの、家庭での実用段階ではなく企業広報用に利用される機会が多かった。いつの間にか日本で盛り上がったロボットブームは下火になっていた。

   しかし最近また、実用を目的としたロボットが盛り上がりつつある。安倍晋三首相は2014年5月にパリで開かれた経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会で、「ロボットによる『新たな産業革命』を起こす」という宣言をしており、新たな成長戦略のひとつになる見込みだ。

   たとえば6月5日、ソフトバンクが人型ロボット「pepper(ペッパー)」を発表した。ロボット事業への本格参入だ。人間の感情を認識して会話もできるロボットで、家庭でのコミュニケーションに重きを置いている。孫正義社長は会見で、

「我々が目指しているのは、パーソナルロボットとして家族の喜びのために動く、人の喜びのために動く、自らが意識をもって自らの意思で人々に幸せになってもらいたい、そういうような思いで動くロボットであります」

と力説した。

   価格は人間型ロボットとしては割安な19万8000円で、「なかなか利益は出ません。もっとそれ以上にコストはかかっている」と言い、将来的には量産によるコストダウンを見込んでいる。

おもちゃメーカーならではの価格

タカラトミー「Hello! Zoomer」
タカラトミー「Hello! Zoomer」

   こうした流れを受けて玩具メーカーも家庭用ロボット製品を売り出す。タカラトミーは家庭用ロボット「OMNIBOT」シリーズから2種類を発表した。2輪走行の人型タイプ「Hello! MiP(ハローミップ)」を6月21日、犬型タイプ「Hello! Zoomer(ハローズーマー)」を7月26日に発売。どちらも海外メーカーと協力して製作した。どちらも1万5000円。今ある技術をできるだけ低価格で提供することにこだわった。今後、オリジナルで開発したロボットなどを展開し、3年でシリーズ全体50億円の市場規模を目指すという。

   広報担当者は、

「コミュニケーションを取れるロボット、見て愛らしいと思えるロボットをおもちゃメーカーならではの価格で出しました。ロボット好きのためのロボットではなく、一般家庭に一家に一台ある時代が来ると信じています」

と話していた。

   もっともロボットに熱を上げているのは日本だけではない。朝日新聞は2014年4月30日、「のまれる日本のロボット技術 グーグル、次世代にらみ買収」という記事を掲載した。米西海岸シリコンバレーはいま、ロボット技術への熱気に包まれており、その中心になっているのがグーグルで、ロボットのベンチャー企業8社をすでに買収、その中には日本発の企業も含まれていること、アイボ開発にかかわったエース級や、東大のロボット研究室からすでに10人がグーグルに移っていることを伝えた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中