「TOKIO」の本職は音楽に詳しい農業のおっちゃん? 「そろそろ本業させてあげないと・・・・」のスレがネットで話題

印刷

   ジャニーズのアイドルグループ「TOKIO」。このところ日本テレビ系バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」で農作業やラーメンを作る姿ばかりが目立ってしまい、本職が何なのか分からなくなってしまった、などといった感想がネットで出ている。

   「DASH!!」は視聴率を20%近く取れる人気番組なのだが、このイメージが付きすぎてしまったと心配しているのだ。掲示板「2ちゃんねる」などでは、「そろそろ本業させてあげないと・・・・」などというスレが立てられ、盛り上がっている。

「最近はラーメン屋になるため頑張っている」

   「DASH!!」は1995年11月から深夜枠で始まった長寿番組で、3年後にゴールデンタイムに移行されTOKIOメンバーが様々な人間の限界に挑戦している。特に有名なのが2000年から始まった「DASH村(ダッシュむら)」という新たな村落を作るプロジェクトで、土地を開墾し農作業や畜産、土木作業や小屋づくりなどをしてきた。そうした村を作っていく頑張りが、おしゃれで都会的なイメージの強いジャニーズらしくなく逆に好感が持てるし、泥だらけの姿を見ると思わず応援したくなる、として大人気になり、特番では視聴率が20%を超えるなど日曜ゴールデンの看板番組になった。14年6月15日放送でもビデオリサーチ調べ(関東地区)で19.3%をはじき出している。

   しかし、番組の人気とは裏腹に本業であるバンド活動が少なくなってしまったと、ここ数年ずっと指摘されてきた。シングルCDのリリースも11年、12年共に1枚で、13年は3枚あったのだが、14年は約7か月ぶりに「LOVE, HOLIDAY」が5月21日発売された。新曲が出るとプロモーション活動の一環として音楽番組に出ることになるのだが、5月23日に久々に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」で、

「TOKIOのみなさんの本職は何ですか?」

という質問が19歳の視聴者から寄せられたとしてネットで話題になった。リーダーの城島茂さん(43)が「アイドルです!」と答えその場は収まったのだが、ネットでは、

「TOKIOって音楽に詳しい農家のおっちゃんじゃないの?」
「宅配業者だろ」
「TOKIOは建築家でしょ」
「最近はラーメン屋になるため頑張っている」

などと議論が起きた。また、メンバーの山口達也さん(42)が「DASH!!」で鍬を持っている画像を「ツイッター」にアップし、楽器を持っているより鍬を持っている方が落ち着くと語っていたと紹介する人も現れた。

芸能人ではなくモノ作りの偶像的存在になってしまった

   そうした中で現在掲示板「2ちゃんねる」などで話題になっているのは「そろそろ本業させてあげないと・・・・・」というタイトルのスレで、その中で綴られているTOKIOに関する架空のストーリーが面白すぎる、というのだ。内容は、TOKIOのマネージャーが「皆、そろそろ新しい曲作ってもらうよ」と新曲の相談をするのだが、TOKIOはそれを日本テレビの新社屋の建設だと勘違いする。「よーっしゃ!燃えてきた!」と現在の日テレ社屋をハッパで破壊し様々なアイディアを盛りながら建設を進めていく、というものだ。

「TOKIOならやりかねないwww」
「土いじりしてないTOKIOなんて…。TOKIOらしくない」
「もはやTOKIOは芸能人としてじゃなくて、モノづくりの偶像になってしまってるなぁ」

などといった感想が出ていて、アイドルとしてのステージや新曲よりも、「DASH!!」での活躍がもっと見たいという意見ばかりだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中