池袋で車暴走し8人死傷 逮捕の男「脱法ハーブを吸った」

印刷

   2014年6月24日19時55分ごろ、東京・JR池袋駅近くで乗用車が歩道に突っ込み、男女7人が重軽傷を負い、20代の女性1人が死亡した。

   報道によると、警視庁池袋署は車を運転していた埼玉県吉川市高久、自称飲食店経営の名倉佳司容疑者(37)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕し、その後、過失致死傷容疑に切り替えて調べている。容疑者は「運転前に車内でハーブを吸った」などと供述しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中