グーグル「忘れられる権利」認め情報削除 「リベンジポルノ」も対象となるか

印刷

   インターネット上に残された過去の個人情報で、自身に不利益をもたらす内容について削除を求める「忘れられる権利」に関して、米グーグルが司法判断に沿って、検索結果として表示されるリンクの一部削除を開始した。

   発端は、既に解決済みだった過去の出来事を巡る裁判だった。しかし、重大な犯罪の記録も「忘れられる権利」の対象となれば、消去されることで利用者の「知る権利」を侵害して逆に不利益を与えかねず、課題は多い。

「欧州情報保護法」に基づく措置で日本や米国は範囲外

過去の出来事に悩まされる人も
過去の出来事に悩まされる人も

   グーグルの対応は、欧州連合(EU)司法裁判所が2014年5月13日に個人の「忘れられる権利」を認める判決を下したことに基づいている。

   1998年、あるスペイン人男性が新聞電子版に、自身の過去の社会保険料未払いとその債務回収のために不動産が競売になったと報じられた。その後男性は債務を完済したが記事はネット上に残り、グーグルで男性の名前を検索すると既に解決したはずの当時の新聞報道が表示された。男性は「忘れられる権利」を主張して訴訟を提起。EU司法裁はグーグルに対して、検索結果から男性の過去の情報に関するリンクを削除すべきとの判断を示した。

   判決に従ってグーグルは、サイト上に「削除要請フォーム」を開設。氏名やメールアドレス、削除を求めるウェブサイトのURLなどを入力して送信する仕組みだ。ただしこれは「欧州情報保護法」に基づいているため、対象はEU域内に限られ、日本や米国は除外されている。

   複数の報道によると、これまでに4万1000件以上の要請が送られたという。グーグル側は、個人情報保護と公衆の知る権利の双方のバランスの観点から削除要請の内容を検討するとしている。

   欧米メディアは、グーグルの一部情報削除開始について2014年6月26日に報じた。読者の関心は高いようで、記事には多くのコメントが寄せられているが、見方は分かれた。米ウォールストリートジャーナル電子版には、「正しい判断」「米国にも同じ法律をつくれないか」という賛成派、「(削除の)扉を開いたグーグルは今後、要請が却下されたユーザーからの訴訟を多く抱えるのではないか」という指摘、「過去に医療過誤で患者を死なせた医師が、罪を償ったとしてこの情報が消されたとしよう。自分の子どもが病気で医師を検索した際、この人物が適任だとして検出されたらどうするんだ」と警戒する人もいた。

日本からの削除要請は現段階では受け付けていない

   EU加盟国の英国の有力紙ガーディアン(電子版)には、グーグルによる「検閲」を疑う意見が書かれた。「グーグルのネット検閲が法的に認められた」「グーグルは自分たちの判断で、検索結果を事実上検閲できるようになった」という見方だ。これに対しては、「単にリンクを(検索結果から)削除するかどうかの話で、元となる情報は(ネットに)残る」と説明する人もいた。

   毎日新聞電子版2014年6月13日付の記事ではこの点について、「ネット検索で圧倒的な存在感をもつグーグルに、リンクを残すかどうかという判断を全面的に任せてしまっていいものか。ある種の『検閲』や、社会にとって必要な情報なのにアクセスできなくなる事態を招くのではないか、という懸念が残る」と指摘した。一方で、既に4万件を超える削除要請が届いているなか、すべてを司法手続きで処理するのは現実的とは言えないとしている。

   欧米のみならず日本でも、「忘れられる権利」は話題となってきた。今から2年前、2012年6月26日放送のNHK「クローズアップ現代」では、フランスの女性が過去に1度だけ撮影したヌード映像がネット上で無数に複製され、検索結果として表示されるため就職の妨げになっている事例を紹介。グーグルを相手取った訴訟で勝訴し、「忘れられる権利」が認められたという。

   日本国内では、勤務先に来店した芸能人の悪口をツイッターについ書き込んだところ大炎上し、実名や住所、出身校、家族構成をはじめ数々の写真が「特定」されてネット上で拡散、「さらし上げ」にあったうえに誹謗中傷の嵐に見舞われた人の例が挙げられた。いまもしばしば起きているケースだ。そして、第三者からのこうした誹謗中傷はネットに残されたままとなる。

   かつての交際男性がストーカー化し、交際当時に撮影した相手女性の裸の写真をネット上にばらまく「リベンジポルノ」も、「忘れられる権利」の対象となり得る。だがグーグルでは、日本からの削除要請は現段階では受け付けておらず、今後の課題として残っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中