遠野なぎこ、55日で最速離婚するも「恋人として再スタート」? ネット「理解できない」と冷ややか

印刷

   女優の遠野なぎこさん(34)が、再婚からたった55日間で離婚した。2014年6月30日に自身のブログで明らかにした。

   5月の結婚報告会見では「羽田離婚」を心配されると「大丈夫」ときっぱりと否定していたのだが、結果的には前回離婚時の「72日」を上回り、自ら芸能界最速離婚記録を更新してしまうこととなった。

涙ながらに「幸せのなり方がわからない…」

ブログで離婚を報告した遠野なぎささん(画像はブログのスクリーンショット)
ブログで離婚を報告した遠野なぎささん(画像はブログのスクリーンショット)

   遠野さんは2009年に2歳年下の会社員と結婚するもわずか72日で離婚し、「芸能界最速離婚」だとして話題になった。その後はバラエティ―番組などで「男の人が大好き」と公言し、多いときには7股交際をしていたとも明かしていたが、今年5月にはそんな「肉食生活」に終止符を打った。5月5日、元プロボクサーでバー経営の男性(39)と知り合ってから2か月でスピード再婚したのだ。

   8日には「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に生出演し、「すっごい幸せです!」と満面の笑みをみせて結婚を報告した。19年間苦しんできた過食嘔吐がピタッと止まったことが大きな決め手となったという。別居婚の形をとり、「恋人夫婦」を目指すとしていた。

   同日のブログでも「全力で私を守ってくれる人です。出逢ってから今日までの二ヶ月間、互いに絶対的な安心感に包まれ…手探りながらも、二人の『愛のカタチ』を築き上げてきました」などと、幸せオーラ全開でファンに報告していた。

   しかしラブラブ生活は長く続かず、6月28日には離婚届を提出。ブログで報告した翌日の7月1日には報道陣の前で涙ながらに離婚に至った経緯を語ることとなった。会見では「私の自尊心の低さが一番の原因」などと説明し、「普通に家族がほしくて。だけど、幸せのなり方がわからない…」などと心境を吐露した。

   その後に出演した「ミヤネ屋」では、「彼は何も変わってないし非はない。私自身が変わってしまって、責任感が出てきたり彼を自分色に染めようとしてしまった。バーの経営、人間性だったり、対人関係だったり、本当は大人として踏み込んじゃいけないところまで入っていって口うるさい教育ママみたいな風に、いきなり自分が変わっちゃったんですよ」などと語った。

芸能レポーター「全く驚かなかった」

   だが、悲しみに暮れる遠野さんをよそに世間の目は冷ややかだ。理由はスピード離婚だけでなく、今後の2人の関係性にある。本人の弁によれば、今回の離婚は「自分たちのキャパを超えて背負い過ぎた荷物を一度下ろす為」であり、婚姻関係は解消するが恋人同士として再スタートを切ることで、「慎重に愛を育んで」いくのだという。

   これを受けインターネット上には、

「『夫婦という形が重荷』って、結婚って、そういうものじゃないの?」
「元夫と恋人としてやり直す。 うん、理解できない」
「仲が良いなら、籍を外す理由もないわけで」
「これってまた同じ人と結婚します、 とか言いかねない」

などと疑問の声や呆れた声が多々寄せられている。

   中には、遠野さん自身も告白している母親による育児放棄や心の病の影響を考慮して「結婚より心の病を治すことに集中したほうがよい」「この人の生い立ち考えたら責められない」などと心配する声もあるが、一方では「売名としか思えない」「離婚芸人」といった辛らつな声もある。

   芸能界からも冷めた意見は少なくないようだ。芸能レポーターの井上公造さんはツイッターで30日に「遠野なぎこさんスピード離婚を発表したけど、全く驚かなかった」とコメント。7月1日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)ではテリー伊藤さんが「もともと変な子だから遠野さんと結婚する男だって変ですよ。もう1回その人と再婚する可能性もあるしね」などと話し、アナウンサーが後ほど会見が行われることを告げると、出演者陣は

「ここでも取り上げなくていいですよ」(ロバート・キャンベルさん)
「会見好きなんですよ、たぶんね」(はるな愛さん)
「勝手にやってろって感じしますね」(テリー伊藤さん)

と、突き放したコメントが続いた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中