拉致調査は「かつてない体制」 「生存者『ゼロ回答』あり得ない」の見方強まる

印刷

   北朝鮮による拉致被害者や行方不明者に関する特別調査委員会が2014年7月4日に立ち上がることになり、安倍首相は7月3日、全面調査が開始される時点で日本が独自に北朝鮮に行っている制裁の一部を解除する方針を発表した。

   拉致被害者に関する本格的な調査は04年以来10年ぶり。今回の調査委員会は04年と比べて大幅に権限が強化されており、「04年と同じ『ゼロ回答』はあり得ない」との見方が支配的だ。日本政府は否定しているが、北朝鮮が交渉過程で生存者リストを提示し、リストには「2桁の人数」が掲載されているという情報もある。

「国家的な決断・意志決定をできる組織が前面に」

   安倍首相は7月3日午前のぶら下がり取材で、

「日朝交渉の結果、拉致問題を含め、すべての日本人に対する調査が国防委員会、国家安全保衛部といった、国家的な決断・意志決定をできる組織が前面に出る、かつてない体制ができたと判断した」

と制裁の一部解除に踏み切る理由を説明。正式には7月4日の閣議決定で決まる。

   では、安倍首相が言う「かつてない体制」とはどのようなものか。菅義偉官房長官の説明によると、特別調査委員会には国家安全保衛部(秘密警察、情報機関)、人民保安部(一般警察)といった機関から30人程度が集められる。

   委員長はソ・テハ国防委員会安全担当参事兼国家安全保衛部副部長が務め、副委員長はキム・ミョンチョル国家安全保衛部参事とパク・ヨンシク人民保安部局長の2人が務める。拉致被害者、行方不明者、日本人遺骨問題、残留日本人・日本人配偶者の4つの分科会が並行して調査を行い、調査結果の第1報は14年夏の終わり~秋の初め頃に日本側に伝えられることになっている。

   「ゼロ回答」だった04年の調査は、人民保安省(現・人民保安部)の捜査担当局長がトップだったが「拉致は特殊機関が行ったため、調査に限界があった」などと釈明していた。日本側からすれば、同様の過ちを繰り返してはならないという決意があったはずで、この人事は「北朝鮮との協議の中で決まった」(菅氏)という。日本側の要求も相当程度受け入れられたようだ。

金正恩氏の直轄機関なのは「間違いないだろうと思う」

   菅氏は

「北朝鮮側から今回の協議の中で、調査委員会は国防委員会から付与された特別な権限に基づき、すべての機関を対象に調査をすることができ、委員長には十分な権限が与えられている。そういう説明があったと報告を受けている」

と説明している。特別調査委員会は金正恩第1書記の直轄機関だとみられており、菅氏も

「『国家の最高指導機関である国防委員会の指導を受けながら、調査を実施していく』。このような説明を受けており、これは間違いないだろうと思う」

と同様の見解を示した。

生存者リスト提出の報道には「そこはあり得ないという風に考えている」

   当然、今後焦点になるのは「何人戻ってくるか」で、早くも情報が錯そうしている。7月3日の日経新聞朝刊は1面トップで「北朝鮮、生存者リスト提示」「拉致被害者ら『2桁』」の見出しを掲げた。

   この報道を、菅氏は

「まったく報告を受けておりませんし、そこはあり得ないという風に考えている」

と完全否定し、

「何らかの情報、示唆のようなものは北朝鮮側からなかったのか」

という問いにも、

「それがあったとはまったく聞いていない。そういう段階ではなくて、これからどういう形で調査をスタートしていくかということが主眼で(調査委員会が)始まっており、現在『何人』といったことは全く話に出ていない」

と話した。

   北朝鮮の国営朝鮮中央通信も7月3日、交渉内容を

「日本側は、対朝鮮制裁解除の内容と手続進行状況などについて詳細に通報した。朝鮮側は、『特別調査委員会』の権能と構成体系、運営方法、調査形式と方法などを通報した。双方は、外交ルートを通じて連携を持ちながら、今後必要な措置を取ることにした」

と報じている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中