吉田麻也、内田篤人とおばあちゃんのいい話 心が温まり、「ほっこりする」とネットで大評判

印刷

   サッカーW杯日本代表選手と、サッカーをあまり知らないおばあちゃんとのちょっとした出会いが「ほっこりする」などとネットで話題になっている。その話が載ったブログを紹介するツイートは6万を超えた。

   このおばあちゃんは、カタールのドーハ空港で動画を見ようとしたが、電池切れでだめだった。充電コードも手元になく、がっかりしていると、凛々しい若者が話しかけてきた。

「あのぉ・・・ もしかして、あなた方はサッカーの選手?」

   「じゅりまま」と名乗る女性が2014年6月28日付けの自身のブログに書いたのはこんな話だった。

   アフリカ旅行中は充電がままならないためバッテリーを余分に持っていったのだが、アイパッドも、ケータイも電池切れになってしまった。成田行きに乗り換えるためカタールのドーハ空港に着き、バッテリー充電のできるラウンジに行ってみたのだが、充電コードがポーチの中に見当たらなかった。ライオンやヌーの大移動を撮影した動画の確認ができずにがっかりしていると、目の前に居た日本人の青年が心配してポーチの中を調べてくれた後に、 「お前! 持っていただろう?」と別の青年に声を掛けた。

   声を掛けられた青年は、自分の充電コードを取りに行き親切にも貸してくれた。雑談しているうちにラウンジにいた日本人旅行者が遠巻きに ざわざわし出したためハッとなり、

「あのぉ・・・ もしかして、あなた方はサッカーの選手?」

と聞いたら、

「はい、そうです。」

という声が返ってきた。

   ブログには選手名は一切出てこないが、写真が掲載されている。どうやら充電コードを探してくれたのはプレミアリーグ・サウサンプトンFC所属の吉田麻也選手(25)で、充電コードを持ってきてくれたのはブンデスリーガ・シャルケ04所属の内田篤人選手(26)のようだ。掲載されている写真の撮影をお願いする時に、吉田選手が、

「さくっとなら・・・」

と言って許可してくれたのが印象的だったと書いている。充電が終わりアイパッドでアフリカの動物を見ている内田選手の写真もアップしている。

「ライオンに会ったより あなた方にお会いできた方が凄いことなんですね」

と言ったら笑っていたという。

ツイート数が14年7月4日現在で6万を超えた

   機内ではサッカー日本代表選手に囲まれてしまう席になった。おバカな質問をいっぱいしたそうだが、成田に近付くと選手の穏やかな表情が一変、空港では「生卵を投げつけられるかもしれないぞ・・」という声が聞こえてきた。しかし、出迎えでは労いの言葉と拍手だったため心からほっとし「日本人て、優しい」と思ったという。そして、こんなサプライズがあったのにサッカーのことを良く知らなかった自分を悔い、

「どの方が、どなたなのか・・・ 選手の名前から老婆は猛勉強しなくちゃです」

などと書いてブログを締めた。

   このブログ「ほっこりした」「心温まる話だなぁ~」などとネットで大評判になっていて、このブログを紹介するツイート数は14年7月4日現在で6万1000を超えている。コメント欄には、

「とてもあたたかいブログでほっとしました……!文章から伝わってくる選手の皆さんのナチュラルなあたたかさ、じゅりままさんのあたたかい人柄もほんとに素敵です」
「写真一枚目右が吉田麻也選手,左が岡崎慎司選手,二枚目が内田篤人選手です。三人とも海外のクラブで活躍しており、大変人気のある選手たちです」
「選手たちの人となりがよくわかって、何か日本代表を応援しててよかったと思わせてくれる記事でした」

などといったことが書き込まれている。このブログの評判を知りいくつか取材依頼が来たそうだが「じゅりまま」は丁寧にお断りをした、としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中