「ほとんどの方より代表選手の方が結果を出している」 為末大さんの問題提起、また論議に

印刷

   世界陸上・男子400メートルハードルで2つの銅メダルを獲得した為末大さんのツイートが、また論議を呼んでいる。

   グループリーグ敗退のサッカーW杯日本代表がサポーターから批判を浴びていることについて、「おそらくはほとんどの方の人生より今回の日本代表の選手達の方が、結果を出されているように思います」と発言したからだ。

意見交換が次第に険悪に

投稿したツイートが論議を呼ぶ為末さん(2013年10月撮影)
投稿したツイートが論議を呼ぶ為末さん(2013年10月撮影)

   ことの発端は、2014年6月30日に為末さんがハフィントンポストのコラムで「サッカーの日本代表は責任を取るべきなのか」と問題提起したことだった。自身のツイッターでもコラムを紹介して、多くの意見が寄せられた。初めは「ぜひハフィントンポストにご意見をお寄せください」としていたが、「赤の他人を責めるときは、せめて作法として具体的にどんな迷惑を自分や社会が被ったかを説明する必要があると思う」など、次第に自らの考えを投稿するようになった。

   「あなたの勝負が失敗した場合、私はあなたを責めてもいいのでしょうか?」「期待はずれだとなぜ批判していいのだと思いますか?具体的なあなたの考える理由は何ですか」とフォロワーたちに積極的に問いかけ、意見交換を始めた。

   しかし7月1日、批判された方が選手の成長につながるという意見に、「サッカーの日本代表が成長する事とあなたの人生はどう関係があるのでしょうか」と返したあたりから険悪な雰囲気が漂い出した。さらに「結果出してからいえぼけ」というツイートに、「言いにくい事ですが、人生の結果からいえばおそらくはほとんどの方の人生より今回の日本代表の選手達の方が、結果を出されているように思います」と語り、大反発を食らってしまった。

「皆さん発言は平等」と釈明

   為末さんの発言はツイッターにとどまらず、2ちゃんねるなどネット上に拡散。「為末さんの発言は毎日を必死に生きるサラリーマンとして非常に残念に思いました」「アスリートってそんなに偉いんですか?この言い方だとほとんどの一般人はアスリートよりも下の階級として扱われているようで不快です」「一般人の人生バカにしてんの?」など、批判が相次いだ。

   これに対して、為末さんは、「僕はスポーツをやっていてもそうじゃなくても成功してもそうでなくても皆さん発言は平等だと思うので、結果を出してから言えというのには反対です」と釈明した。もともと為末さんは「どう考えるか、どういう理屈を組み立てるか、をやりたい」「こんなに面白い題材なんだからもっと考えませんか」と、代表に批判が集まることを議論したかった様子だった。

   しかし、「人生の結果」とは何かを聞かれると、「目標に対しての達成度では無いでしょうか?」と曖昧に回答。議論は時間の経過とともに下火になる一方、為末さんの発言ばかりに注目が集まるようになった。本人は「来週は批判は許されるという側から考えますので、是非そういったご意見を」と述べ、まだ議論を続けたいようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中